« こうや電気窯 石橋優(ゆたか)陶展 作品紹介 その1(スノードーム) | トップページ | こうや電気窯 石橋優(ゆたか)陶展 作品紹介 その2 »

141120&141204 石井柏亭レクチャー@松本市美術館by武藤美紀学芸員

松本市美術館の講義です♪

 

Hakutei2

Hakutei1

Hakutei3

 

さてさて、

偶然、タイミングが合ったので、

松本市美術館の講座を受講してきました~happy02

以前もご紹介した通り、

松本市美術館は、いろいろなイベントをやっているのです。

今回は、石井柏亭(1882~1958)という画家さんについて。

実は、ゆこもりと、石井柏亭画伯とは、とてもゆかりがあります。

(そのお話しはまた、当店においでくださった時にでも…)

で、石井柏亭さんは、戦中戦後の中信美術会において、

とても重要な方でした。

そのことは、wikipediaでもそうであるように、

東京出身で、フランスなど海外でも認められた柏亭さんの経歴(例えばこことか)では、

あまり焦点を当てられていないかもしれません。

で、この講義では、松本での柏亭さんの長野(特に松本)での

足跡をレクチャーして頂けました。

ほんと、地元密着の美術館とは、こうあるべきですよねwinkshine

素晴らしい…crying

まずは、松本市美術館にある「石碑」から、

柏亭さんの生い立ちを紹介してもらいました。

Hakutei4_2

柏亭さんは、おじいちゃんが鵞湖という日本画家、

Hakutei4
お父さんが鼎湖さんという日本画家さんでした。

Hakutei5
なので、三代続く画家一家なわけですね。

(娘さんも水彩画家さんですので、四代続いていることになります)

Hakutei17
大家族で、仲がとてもよかったそう。

ちなみに弟は、彫刻家の石井鶴三さんです。

Hakutei23

柏亭さんは、11歳で、皇太子の御前で、今で言う、ライブペインティングまでしたそうsign03

15歳で父鼎湖が亡くなり、一家を養うためか、父も務めた印刷局勤務ののち、

1904年には、今の藝大に入学しますが、

既に、若き才能を発揮していた柏亭さんは有名人で、一目置かれていたそう。

ただ、目の病気で、中退されています。

1910年には、渡欧。(1912帰国)

Hakutei6

1913年には、加代さんと結婚。日本水彩画会を立ち上げ。

Hakutei7
1914年には、二科会を立ち上げ。

1922年には、文化学院の設立に寄与します。

Hakutei8

1928年には、フランスより、レジオン・ドヌール勲章授与。

1935年には、帝国美術院会員となり、二科会を脱会。

1936年には、一水会を立ち上げます。

この一水会の名前の由来は、

十日一水、五日一石」という中国の絵画技法から。

Hakutei10

柏亭さんのアトリエはこんな感じ。

Hakutei9
画家さんは、光が一定なので、北側に大きな窓を設えたそう。

そういえば、こないだ行った平櫛田中邸もこんな採光だったなー。

若き日の自画像。

Hakutei11
1937年には、帝国芸術院会員に推挙。

1945年3月9日 東京初の大空襲で、住居と研究所を焼失。

長野県松本市の東山温泉(現在はない)を経て、浅間温泉に疎開する。

(柏亭さんは、東山温泉について、「ぬるい」と言っていたらしいhappy01

sign03ここから、柏亭さんの松本を拠点とした活動が始まるわけですgood

いろんな会を立ち上げ、海外でも活躍している画家さんが来たわけですから、

そりゃ皆さん、柏亭さんの周りに集いますわねーhappy01

その様子を柏亭さんが描いた絵がこちら~note

Hakutei15
中信酒客」(1953)

Hakutei29
この絵は、リンク先に書かれてある通り、

昔、カフェ―(あの「花子とアン」で出てた感じ)をやっていたころの鯛萬で、

柏亭さんにゴチになっている図のよう(笑)

いずれの作家も、有名な方で、

三代澤本寿は、2010年にも松美で展覧会をしましたが、

型絵染の作家で、松本の民芸を牽引した方だったりします

Hakutei33
真ん中が、柳宗悦ですねwink

Hakutei32

Hakutei24
当たり前ですけど、写真と比べても、絵の通り、似てますよね~sign03

余談ですが、この絵の下書きはこんな感じで…

Hakutei30
一番右の小林章がいません。

Hakutei27
どうも、後で、描き足したらしいです。

というのも、小林章さんが、肖像を贈るなどしたからでは、とか

Hakutei31
弟の小林邦は描いてあるのに…、とかだそう。

Hakutei26

柏亭さんは、義理堅い、気配り屋さんだったんでしょうかhappy01

みんなで撮った集合写真が残っています。

Hakutei19
真ん中の恰幅のいい着物姿の方が柏亭さん。

右後ろには、三代澤さんいますねー。

左には、やはり浅間温泉にいた、関四郎五郎さん。

Hakutei25

柏亭さん居宅の川向うのお隣さんには、

人間国宝近藤悠三門下の陶芸家篠田義一の父、篠田鉄石さん

Hakutei20
他にも、彫刻家太田南海さん

Hakutei21

Hakutei22
などなど…いろんな人が出入りしていて、写真を見ただけでも、楽しそうconfident

1952年には、柏亭さんの古希祝いに展覧会も東京で開催。

Hakutei28
柏亭さんの絵は、藝大や各美術館が結構所蔵しているのですが、

私のイチオシは、なんといっても松本市美術館所蔵の「山河在」(1945)ですsign03

今のラーラ松本あたりを描いたもので、

浅間温泉から、松本駅まで行き、そこから歩いたとか。

柏亭さんは、健脚だったそうです。

この絵は、戦争に負けても、

こんな素晴らしい風土が日本にはあるじゃないかsign03という

柏亭さんの「気迫」「気概」が感じられ、

絵の前に行くと、思わず感動します…weepsweat02

Hakutei18

そのときに、詠んだ句がこちら。

是非、見て頂きたい作品ですsign03sign03sign03

Hakutei14
1956年には、金沢医大で十二指腸潰瘍の手術を受け、

1958年12月29日16時東京女子医大で76歳の一生を終えました。

まずは、一通りどうにか書きました…coldsweats01

随時、追加するかもしれませんが、まずはここまで…confident

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

« こうや電気窯 石橋優(ゆたか)陶展 作品紹介 その1(スノードーム) | トップページ | こうや電気窯 石橋優(ゆたか)陶展 作品紹介 その2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/58174836

この記事へのトラックバック一覧です: 141120&141204 石井柏亭レクチャー@松本市美術館by武藤美紀学芸員:

« こうや電気窯 石橋優(ゆたか)陶展 作品紹介 その1(スノードーム) | トップページ | こうや電気窯 石橋優(ゆたか)陶展 作品紹介 その2 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター