« 平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 展覧会風景 | トップページ | 平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 作品紹介 その2(花器いろいろ) »

平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 作品紹介 その1(染屋)

まずは、やっぱり染屋からっ♪heart04

 

Someya1

 

さてさて、

お待たせしました~~happy02goodheart04heart04

平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ作品紹介初めは、

やっぱり染屋の土の焼き締め作品からheart04happy02dash

DMの写真でもお見せしているこの抹茶碗が、

今回の目玉作品でもあります。

Doc
勿論、茶器の他にも、酒器、食器、花器もありますhappy02

Someya2

Someya3

Someya4

Someya5

Someya6

Someya9

写真だとどうしても、作品本来の色とは少し違います…。

ご了承くださいthink

今回は、会期が10日間と短いですので、

お早めにお越しくださいsign03

 

~140806 追記~

そして、

松本経済新聞さんに記事を掲載して頂きましたnote

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1699/

 

平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ

~焼〆と上田・染屋と磁器窯変と~

2014 8/2(土)~11(月) 会期中無休

10:00~18:00 入場無料 期間中、作家全日(午後より)在廊

長野・松川村にて、制作している作家です。

昨年に引き続き、二年連続の個展となります。

大好評だった上田市染屋の土を使った焼〆、薪窯で窯変した白磁など、

新作中心の食器、花器、酒器などが出品予定です。

平林さんのさらなる「挑戦」をお見逃しなく!

~呈茶のお知らせ~

会期中(8/2は除く、13:00~16:00)

平林さんより、一服さし上げます。

平林作品の使い心地をお楽しみください。

(薄茶・菓子付き一服300円 予約不要)

 

平林昇(ひらばやし のぼる)

1963 北安曇郡松川村生まれ

1985 武蔵野美術短期大学絵画科油絵専攻卒業

在学中、美濃の松山祐利先生に出会い師事

1991 備前焼、山本出先生に内弟子として師事

1996 松川村に単室穴窯を築き「昇窯」と命名

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチッと、お願いしますねっ♪heart04heart04heart04

« 平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 展覧会風景 | トップページ | 平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 作品紹介 その2(花器いろいろ) »

ゆこもりの企画展について」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/56975076

この記事へのトラックバック一覧です: 平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 作品紹介 その1(染屋):

« 平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 展覧会風景 | トップページ | 平林昇(ひらばやし のぼる)陶展Ⅱ 作品紹介 その2(花器いろいろ) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター