« 140215 平成25年度富山ガラス造形研究所卒業制作展@市民プラザ(富山) | トップページ | 140220 茶と美 -柳宗悦の茶-@日本民藝館(駒場東大前) »

140221 隠﨑隆一 「事に仕えて」@智美術館(虎ノ門)&140220-21 備忘録

初の回顧展的展覧会ですっ♪heart04

(注:ネタバレあります)

 

3

2

1

 

さてさて、

前回の展覧会もご紹介した

菊地寛実記念 智美術館で開催中の~隠﨑隆一 事に仕えて~

を拝見しましたnote

隠﨑隆一さんは、

ゆこもりが20年以上前から大好きな現代陶芸作家のお一人lovelyheart04heart04heart04

でもでも、作品はデパートとかギャラリーとか日本伝統陶芸展とかのグループ展でしか、

見れても数点を拝見したことしかなく、勿論器のみ。

個展しかも、昔のものから今現在のものまで一堂にsign03オブジェまでsign03sign03

なんてことは、初めて~~~happy02heart04

と思ったら、こういう「回顧展」的なものは、初の試みだそう。

智美術館、good jobhappy02good

いやー、今回は、ゆこもりも全部好きな作品だから、

気になった作品を挙げきれない…coldsweats01

なので、学芸員さんに教わった情報をお伝えしつつ、

作品目録のリスト順にご紹介しますーhappy01

長くなると思いますが、すみません…coldsweats01sweat01sweat01

※これから見る方は、ネタバレしているので、展示を見てからにしてくださいsign03

①広口花器(cat.no1 1983)

隠崎さん、33歳の時、まだ修業時代に、朝日陶芸展で入選した作品。

電気窯で緋襷の、隠崎さんにしてシンプルな作品だナー

と思ったら、ほぼ原点の作品だった。

でも、今作っていてもいいような、既に完成された均整のとれたカタチなのはすげ~sweat01

②ファランクス(cat.no2~4 1991,92,2013)

西洋甲冑のようなカタチ。

平安貴族のかぶっていた「烏帽子(えぼし)」もイメージしているそうhappy01

正面の「赤い斜めの線刻」が効いています。

同じ「ファランクス」でも、作品により、電気窯、窖(あな)窯、登窯を使い分けています。

③北想(cat.no8~11 1998,2004)

Photo

(WEBより拝借)

ペンギンとか、ウサギに見えたけど、

実は、「鳥」だそうhappy02sign03heart04

渡り鳥とかけているわけですねー。

④水蛭子(ひるこ:cat.no12~17 2001,2004)

Photo_2

(WEBより拝借)

水蛭子は、神話上の神。

造形的フォルムと、青の釉薬がステキでしたheart04

⑤双(cat.no20,21 2010)

Photo_3

(WEBより拝借)

土台部分は石膏型を使い、上部を手びねりで成形しているそう。

隠崎さんが、石膏型を使うなんて、真逆なイメージで意外~noteheart04

⑥芯韻(cat.no22~27 2002~2013)

Photo_4

(WEBより拝借)

なんと、ロクロ成形してから、削り出して、上下合わせているそうhappy02heart04heart04

表面のテクスチャーがとても「ギザギザ」しているなあ、と思ったら、

隠崎さんが細かくスクラッチしているそうcoldsweats01sweat01sweat01

「芯韻」って、そういうところもあるのかも。

⑦備前三足花器(cat.no28 2004)

[備前」と入っているのは、基本、備前土以外は使っていない時に入れるそう。

余談ですが、「重し」として、中にお米を入れてありました

何故、お米なんだろう…。

智美術館は、建物自体が免震構造だそうで、

だから、展示物に、テグスとかが張ってないんですねー。

⑧黒香炉(cat.no34 2010)

フタが、アルミか何か、異素材に見えます。

後で出てくるUna Mistura シリーズの

オリベ香炉(cat.no52 2012)の「銀色」のフタは、

アルミとかに見えますが「木」だそうですcoldsweats01sweat01sweat01

⑨Zoi(cat.no35,36 2010)

Zoiは、Zoeからの派生?とかで、隠崎さん的には、「人」みたい。

口縁部の「穴」が、口に見えていたので、なるほどー、と思いました。

⑩黒酔器(cat.no37 2010)

見慣れた徳利happy02heart04heart04

ゆこもり的には、これこそが「THE 隠崎」noteheart04

⑪備前三足花器(cat.no38 1997)

Photo_5

(WEBより拝借)

ダンスをしている女性、しかも、「どうだっ!」と言わんばかりの(苦笑)…

に見えますwwwcoldsweats01sweat01sweat01

⑫三足花器(cat.no22~27 2002~2013)

Photo_6

(WEBより拝借)

ポスター・チラシにも使われている作品。

こちらは、ドガの「踊り子」のような、気品のある淑女のような感じに見えますhappy01

⑬Una Mistura(ウナ・ミストラ) シリーズ(cat.no40~56 2004~2013)

Una_mistura

Una_mistura_2

(WEBより拝借)

Una Mistura=混淆(こんこう)

最近作sign03

このシリーズで、台皿、抹茶碗から、

写真のようなパーティションまで制作されていましたsign03sign03

パーティションは、金属をベースにしてあり、

五枚ともアルミ、樹脂などいろんな素材を使うとともに、

錆びまで、隠崎さん自身がしたそうhappy02sign03sign03sign03

どれも、微妙に変えているんですよーheart04

折井着色所さんとか、プロに任せたのかと思ったらcoldsweats01sweat01sweat01

で、Una Mistura シリーズは、どういうものかというと…。

備前は元々、田んぼの土を使っています。

田んぼの土には、微生物も多く住み、土に有機物が混ざり、

伸びやすく、器にしやすいいい土になるわけですね。

でも、もちろん量に限りがあります。

外部から入った「新参者」「外様」の隠崎さんには、

使える量に限界があるでしょう。

そこで、今までの備前焼では使わなかった

田土でも使えない土だとか、山土を使えないか…、

と考えた末に、出来たシリーズだそうです。

荒々しい、野趣味溢れた作風で、

釉の掛かっている所なんか一瞬、大理石??と思いました。

実際、初めのうちは、「マーブル~」と言ってたこともあるみたい。

基本、タタラ作りになるので、そこから、派生したカタチですが、

そこからさえもあぶれた少しの土を最終的に、茶碗にしたのが

⑭備前埦(cat.no56 2013)

茶碗・器として機能するように、ギリギリの粗い土を使っている気がします。

なので、最初見たときは、「隠崎さんにしてはおとなしいな…」なんて、

生意気にも思っちゃいました(苦笑)

粗い土でも、段々、細かくなってきたとか、そういうことも関係しているでしょう。

確か、再生土がいろんな土を混ぜて、使いやすくした結果、

単調なものを作りやすいという性質があったような気がするので、

ほんと、さじ加減次第だろうな、と隠崎さんのしていることに、

陶芸家みんなが思っている事

(土の有限性とか、土を焼くことは不燃ごみをつくりだしているだけではないか等々)

の未来が垣間見れた気がしました。

3/30(日)までです。

なかなか見られない作品が目白押しなので、絶対見ないと損しますsign03sign03sign03sign03

それと、図録も閉じ方とか、一昔前風の字体とかを

隠崎さんがとても凝ったそうで、お値打ちですよーnoteheart04

智美術館 HP

http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html

追記 今回は、智美術館さんのご厚意で、

学芸員さんに丁寧なご説明を頂きました。

改めて、お礼申し上げます。

ありがとうございましたsign03

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140220-21 備忘録

 

2/14の大雪の後遺症の中、それでも東京へ(苦笑)♪

いつもの高速バスが開通はしたけど、怪しいので、

用事もあったから、山梨まで車、そこから鈍行で。

中央道も、小淵沢~韮崎間は、1.5車線。

通行しているのは、ほぼトラックなので、実質1車線状態です。

1402191

駅も、雪がすごいsign03

1402192

山梨から東京へ、鈍行では小学生ぶり??

結構、想像よりも近かった(笑)happy01

茶と美 -柳宗悦の茶-@日本民藝館(駒場東大前)

1_2

ひっさびさの民藝館happy02sign03

いやー、ご無沙汰でした…。

後日、書きますsign03heart04

桜井ケンイチ陶芸展@つぐをギャラリー(自由ヶ丘)

Sakurai1

Sakurai2

2012年に糸魚川のクラフトフェアで拝見して以来、初めての個展を拝見。

元々は、平面のご出身ということで、な~るnoteheart04

Sakurai3

Sakurai4

これは、陶に銅を定着させ、緑青をふかせたというから、すごいなー♪

Sakurai5

世界観のある作家さんで、ゆこもりが好きなテイストですheart04

③都立旧岩崎邸庭園

      &

人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三」展@国立近現代建築資料館(湯島)

Iwasaki2

後日、アップしますnoteheart04

東京五美術大学連合卒業・修了制作展 @国立新美術館(六本木)

Gobidai3

久々の五美大展happy01

後日、アップしますnoteheart04

大平和正 展 風還元「球体」+風器「花・食」サボア・ヴィーブル(六本木)

140219

いつもご案内を送ってくださるギャラリーさん。

今回も、DM写真が気になり行きました~heart04 

どうやって、作っているんだろう…。

紐作りか、削り出しか…。

70歳くらいの作家さんですが、すっごいプロジェクトも進行中happy02

⑥【ブロガー内覧会】 テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢

森アーツセンターギャラリー(六本木)

3_2

ブロガー内覧会で、写真撮影も限定オッケーhappy02

これも、後日、アップしますnoteheart04

かぷせるイン赤坂にて宿泊

久々に、東京で泊まりましたー。

140221

島からのまなざし なぜ今、アーティストは島へ向かうのか東京都美術館 (上野)

Shimakara1

タイトルが気になっていったけど、ただのグループ展だった…coldsweats01

一昨年、越後妻有トリエンナーレ精華大エリアで見た小松敏宏さんと、

Shimakara2

Shimakara3

岡崎市美術博物館で見た池田昌紀さんが出品していました。

⑨現代日本彫刻作家展東京都美術館 (上野)

Chyoukoku1

Chyoukoku6

Chyoukoku7

ググるとなんだか物議を醸しているみたいだけど、

Chyoukoku2

中垣克久「時代の肖像」

Chyoukoku3

樋口恭一「遠い物語 第15番」

これが一番好きでしたnoteheart04

Chyoukoku4

玉木崇晴「三者」

このくっついているのに、「独立」している感がステキ♪

Chyoukoku5

大野匠「金平糖」

⑩隠﨑隆一 「事に仕えて」@智美術館(虎ノ門)

上記の通りnoteheart04

絶対に行って欲しい!既に今年の展覧会のベスト3に入ったと思うhappy02sign03heart04heart04heart04

日本伝統工芸展60回記念 工芸からKOGEIへ東京国立近代美術館 工芸館(竹橋)

Kougeikan1

Kougeikan2

Kougeikan3

Kougeikan4

今回は、作品の写真撮影はNGでした…coldsweats01

たまの電車旅もよかったな~heart04

沢山、後日アップありますので、おっ楽しみに~~~happy02heart04sign03sign03

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、お願いしますねっっっ♪heart04heart04heart04

« 140215 平成25年度富山ガラス造形研究所卒業制作展@市民プラザ(富山) | トップページ | 140220 茶と美 -柳宗悦の茶-@日本民藝館(駒場東大前) »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/55016456

この記事へのトラックバック一覧です: 140221 隠﨑隆一 「事に仕えて」@智美術館(虎ノ門)&140220-21 備忘録:

« 140215 平成25年度富山ガラス造形研究所卒業制作展@市民プラザ(富山) | トップページ | 140220 茶と美 -柳宗悦の茶-@日本民藝館(駒場東大前) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター