« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

140220 東京五美術大学連合卒業・修了制作展@国立新美術館(六本木)

見る側も試されます♪heart04

 

Gobidai0

Gobidai1

Gobidai2

Gobidai3

 

さてさて、2008年以来6年ぶりに、

東京五美術大学連合卒業・修了制作展(以下、五美大展)

を拝見しましたnote

五美大展は、多摩美術大学、 女子美術大学、

東京造形大学、 日本大学芸術学部、 武蔵野美術大学の

平面・彫刻が一堂に会する卒展。

まあ、数百人分ですから、目がチカチカしてきます(苦笑)coldsweats01

しかも、平面中心なので、慣れないゆこもりはなおさら…sweat01sweat01

そんな中でも、気になった作品を挙げていきますと…

川上亜里子 「懐中土地」(多摩美)

Gobidai4

Gobidai5

触れないから、わからないけど、

持ち運べるように、土を固めた??

おもしろいなーheart04

何か、土地に対するメッセージもありそう…。

辻蔵人 「ソラウマ」(武蔵美)

Gobidai6

車の部品?で制作したみたい。

結構大きくて、大作でした~happy01

足立篤史 「キオクノユメ」(東京造形大)

Gobidai7

Gobidai8

ダンボールで背丈より大きい造形を制作happy02sign03heart04

頑張りましたねーhappy02good

表面のテクスチャーのこだわりは、只者ではない何か…を感じますheart04

④鈴木麻友 「TOILET」(日芸)

Gobidai9

FRPかな?結構大きいんですよーhappy02

メルヘンな世界(爆)heart04

菊池幸恵 「平然たる縺れ」(武蔵美)

Gobidai10

Gobidai11

かなり大きな音が出るらしいど、場所が場所だけに今回はNG…coldsweats01sweat01

聞いてみたかった…。

結局、気になったのは、立体ばかりでした~coldsweats01テヘッheart04

3/2(日)までです。

自分の目を確かめに、

また、いろんなものを揺さぶられに

見に行ってみてはいかがhappy01noteheart04

Gobidai12

東京五美術大学連合卒業・修了制作展 Facebook

https://www.facebook.com/events/290046097787528/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140220 テート美術館の至宝 ラファエル前派展@森アーツセンターギャラリー(六本木)

何といっても、ミレイの「オフィーリア」♪heart04

 

3_2

9

2_2

1_2

 

さてさて、

六本木 森ビルにある森アーツセンターギャラリーで開催中の

【ブロガー内覧会】~テート美術館の至宝 ラファエル前派展~

を拝見しましたnote

(今回はブロガー内覧会なので、主催者の許可を得て、写真撮影をしています)

おばあちゃんも、チラシか何かを壁に貼っていて、母も好きで、

それこそ三代に渡るファンの

ジョン・エヴァレット・ミレイの「オフィーリア」lovelyheart04heart04

4_2

祖母、母に見せたかった…cryingけど、代表してsign03

でも、どうしてここまで魅かれるのでしょう…。

ゆこもりは、この「呆然」加減にやられちゃいます…。

そして、

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティも19点も出ていますhappy02good

7

8

「プロセルピナ」sign03

どこかで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

他にも、

ウィリアム・ホルマン・ハント

ウィリアム・モリスの珍しい油彩などもありますhappy02heart04heart04

4/6(日)までです。

テート美術館まで行かないと見られない

目玉作品が目白押しなので、

ぜひ見に行ってほしいですnoteheart04

5

6

テート美術館の至宝 ラファエル前派展 HP

http://prb2014.jp/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140220 「人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三」展@国立近現代建築資料館(湯島)&都立旧岩崎邸庭園

岩崎邸のすごさ&建築家 坂倉準三♪heart04

 

Sakakura1

Sakakura2

Sakakura3

Sakakura4

Sakakura5

 

さてさて、

湯島にある国立近現代建築資料館で開催中の

「人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三」展

を会期ギリギリでどうにか拝見しましたnote

国立近現代建築資料館は、安藤忠雄設計。

2012年5月に出来ていたんですが、

やっと、行くことが出来ました…happy02heart04heart04

坂倉準三は、

先日ご紹介した神奈川県立近代美術館 鎌倉館を

設計した建築家さんhappy02good

現存する建物が無くなってきているので、

知らない方もいらっしゃると思います。

1901年生まれで、

東京帝国大学で美術史を学び渡仏し、

ル・コルビュジエのアトリエで5年間働いた後、

1937年にパリ万国博覧会日本館で、建築界デビュー。

Sakakura7

で、やっぱり、神奈川県立近代美術館 鎌倉館が代表作ですねー。

Sakakura9

Sakakura8

そうそう!新宿駅西口広場も、実は坂倉さんの設計なんですよーhappy02sign03

いつも、通っているゆこもりは、大変お世話になっておりますー♪

方向音痴のゆこもりはちょっと、使いづらいけども…coldsweats01

あとsign03イスなどの家具も設計しています♪

Sakakura6

今回の展示は、

国立近現代建築資料館の

神奈川県立近代美術館 鎌倉館を解体しようとしている勢力への

文化面からの強力な「意思表示」だと思いましたhappy02heart04heart04

素晴らしいです…happy02sign03sign03

やっぱり、いいものは、どうにかして、残して頂きたいですよね。

国立近現代建築資料館(湯島) HP

http://nama.bunka.go.jp/

そして…

国立近現代建築資料館は、旧岩崎邸庭園内にあります。

なので、入場料400円を払って、旧岩崎邸庭園を見がてら入館するか、

国立近現代建築資料館のHPから、

あらかじめ、入館予約をすれば、別の入り口から無料で入館も出来ます。

でも、ジョサイア・コンドル設計の旧岩崎邸は一度は見る価値アリsign03

Iwasaki1

Iwasaki2

当日は、大雪のあとで、あいにく庭と撞球室内は見られませんでしたが、

Iwasaki3

二階は、時期限定で写真撮影可でした~note

ちょこっとお裾分け~heart04

Iwasaki4

Iwasaki6

Iwasaki7

Iwasaki9

男子便器もモダンhappy02

Iwasaki5

Iwasaki8

金唐革紙の壁紙がすごかった…coldsweats01

金色でない所は、漆を使っているんですねー。

ガイドボランティアも結構いて、詳細な説明までしてくれますよhappy01

都立旧岩崎邸庭園 HP

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140220 茶と美 -柳宗悦の茶-@日本民藝館(駒場東大前)

柳宗悦の「茶」への想い…♪heart04

 

1

2

3

これは、本館の向かいにある西館です。

4

5

イサムノグチ??かな…。

6

7

大雪の名残の中、梅が咲きはじめていて、

確実に、春は近づいていました♪

 

さてさて、

京王線 駒場東大前にある日本民藝館で開催中の

茶と美 -柳宗悦の茶-

を拝見しましたnote

民藝館は、すっ~ごい久しぶり~happy02good

東大がこんな近くだったっけ?

西館は、旧柳邸ということで、

ほんと閑静な住宅街の一角にありますnote

今回の企画展の肝は、

柳が既成の「茶」に囚われずに試みた

第一回民藝館茶会(1955年)と

新撰茶器特別展(58年)等を再構成し、

柳の「茶」を紹介するというもの。

当時の風景を写真で垣間見れたんですが、

大谷石敷きの間に、スリッパで、椅子に座っていたり、

柳らしい、捉われない雰囲気はさすがですhappy02goodheart04heart04

ゆこもり的には、熊川(こもがい)茶碗がよかったなheart04

以前紹介した、柳宗悦展@松美で出品されていたものも

見受けられましたけど、その時も、気になったのが、

石で出来た土瓶とかの朝鮮石工品heart04

良質な石が採れるから、あるんだろうけど、重くないのかな…coldsweats01

併設展も充実していて、

漆工芸 -漆絵と根来を中心に

朝鮮陶磁の精華

丹波の古陶

棟方志功旧蔵「胸形井戸」と民藝

日本の諸工芸

庄内被衣を中心に

と、盛りだくさんlovelyheart04heart04

3/23(日)までです。

ぜひ見に行ってほしいですnotehappy02goodheart04heart04

 

日本民藝館 HP

http://www.mingeikan.or.jp/events/

こちらのサイトも、日本民藝館について、いろいろ載っています♪

http://www.symphonic-net.com/agata107/blog/ushuku/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B0%91%E8%8A%B8%E9%A4%A8/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140221 隠﨑隆一 「事に仕えて」@智美術館(虎ノ門)&140220-21 備忘録

初の回顧展的展覧会ですっ♪heart04

(注:ネタバレあります)

 

3

2

1

 

さてさて、

前回の展覧会もご紹介した

菊地寛実記念 智美術館で開催中の~隠﨑隆一 事に仕えて~

を拝見しましたnote

隠﨑隆一さんは、

ゆこもりが20年以上前から大好きな現代陶芸作家のお一人lovelyheart04heart04heart04

でもでも、作品はデパートとかギャラリーとか日本伝統陶芸展とかのグループ展でしか、

見れても数点を拝見したことしかなく、勿論器のみ。

個展しかも、昔のものから今現在のものまで一堂にsign03オブジェまでsign03sign03

なんてことは、初めて~~~happy02heart04

と思ったら、こういう「回顧展」的なものは、初の試みだそう。

智美術館、good jobhappy02good

いやー、今回は、ゆこもりも全部好きな作品だから、

気になった作品を挙げきれない…coldsweats01

なので、学芸員さんに教わった情報をお伝えしつつ、

作品目録のリスト順にご紹介しますーhappy01

長くなると思いますが、すみません…coldsweats01sweat01sweat01

※これから見る方は、ネタバレしているので、展示を見てからにしてくださいsign03

①広口花器(cat.no1 1983)

隠崎さん、33歳の時、まだ修業時代に、朝日陶芸展で入選した作品。

電気窯で緋襷の、隠崎さんにしてシンプルな作品だナー

と思ったら、ほぼ原点の作品だった。

でも、今作っていてもいいような、既に完成された均整のとれたカタチなのはすげ~sweat01

②ファランクス(cat.no2~4 1991,92,2013)

西洋甲冑のようなカタチ。

平安貴族のかぶっていた「烏帽子(えぼし)」もイメージしているそうhappy01

正面の「赤い斜めの線刻」が効いています。

同じ「ファランクス」でも、作品により、電気窯、窖(あな)窯、登窯を使い分けています。

③北想(cat.no8~11 1998,2004)

Photo

(WEBより拝借)

ペンギンとか、ウサギに見えたけど、

実は、「鳥」だそうhappy02sign03heart04

渡り鳥とかけているわけですねー。

④水蛭子(ひるこ:cat.no12~17 2001,2004)

Photo_2

(WEBより拝借)

水蛭子は、神話上の神。

造形的フォルムと、青の釉薬がステキでしたheart04

⑤双(cat.no20,21 2010)

Photo_3

(WEBより拝借)

土台部分は石膏型を使い、上部を手びねりで成形しているそう。

隠崎さんが、石膏型を使うなんて、真逆なイメージで意外~noteheart04

⑥芯韻(cat.no22~27 2002~2013)

Photo_4

(WEBより拝借)

なんと、ロクロ成形してから、削り出して、上下合わせているそうhappy02heart04heart04

表面のテクスチャーがとても「ギザギザ」しているなあ、と思ったら、

隠崎さんが細かくスクラッチしているそうcoldsweats01sweat01sweat01

「芯韻」って、そういうところもあるのかも。

⑦備前三足花器(cat.no28 2004)

[備前」と入っているのは、基本、備前土以外は使っていない時に入れるそう。

余談ですが、「重し」として、中にお米を入れてありました

何故、お米なんだろう…。

智美術館は、建物自体が免震構造だそうで、

だから、展示物に、テグスとかが張ってないんですねー。

⑧黒香炉(cat.no34 2010)

フタが、アルミか何か、異素材に見えます。

後で出てくるUna Mistura シリーズの

オリベ香炉(cat.no52 2012)の「銀色」のフタは、

アルミとかに見えますが「木」だそうですcoldsweats01sweat01sweat01

⑨Zoi(cat.no35,36 2010)

Zoiは、Zoeからの派生?とかで、隠崎さん的には、「人」みたい。

口縁部の「穴」が、口に見えていたので、なるほどー、と思いました。

⑩黒酔器(cat.no37 2010)

見慣れた徳利happy02heart04heart04

ゆこもり的には、これこそが「THE 隠崎」noteheart04

⑪備前三足花器(cat.no38 1997)

Photo_5

(WEBより拝借)

ダンスをしている女性、しかも、「どうだっ!」と言わんばかりの(苦笑)…

に見えますwwwcoldsweats01sweat01sweat01

⑫三足花器(cat.no22~27 2002~2013)

Photo_6

(WEBより拝借)

ポスター・チラシにも使われている作品。

こちらは、ドガの「踊り子」のような、気品のある淑女のような感じに見えますhappy01

⑬Una Mistura(ウナ・ミストラ) シリーズ(cat.no40~56 2004~2013)

Una_mistura

Una_mistura_2

(WEBより拝借)

Una Mistura=混淆(こんこう)

最近作sign03

このシリーズで、台皿、抹茶碗から、

写真のようなパーティションまで制作されていましたsign03sign03

パーティションは、金属をベースにしてあり、

五枚ともアルミ、樹脂などいろんな素材を使うとともに、

錆びまで、隠崎さん自身がしたそうhappy02sign03sign03sign03

どれも、微妙に変えているんですよーheart04

折井着色所さんとか、プロに任せたのかと思ったらcoldsweats01sweat01sweat01

で、Una Mistura シリーズは、どういうものかというと…。

備前は元々、田んぼの土を使っています。

田んぼの土には、微生物も多く住み、土に有機物が混ざり、

伸びやすく、器にしやすいいい土になるわけですね。

でも、もちろん量に限りがあります。

外部から入った「新参者」「外様」の隠崎さんには、

使える量に限界があるでしょう。

そこで、今までの備前焼では使わなかった

田土でも使えない土だとか、山土を使えないか…、

と考えた末に、出来たシリーズだそうです。

荒々しい、野趣味溢れた作風で、

釉の掛かっている所なんか一瞬、大理石??と思いました。

実際、初めのうちは、「マーブル~」と言ってたこともあるみたい。

基本、タタラ作りになるので、そこから、派生したカタチですが、

そこからさえもあぶれた少しの土を最終的に、茶碗にしたのが

⑭備前埦(cat.no56 2013)

茶碗・器として機能するように、ギリギリの粗い土を使っている気がします。

なので、最初見たときは、「隠崎さんにしてはおとなしいな…」なんて、

生意気にも思っちゃいました(苦笑)

粗い土でも、段々、細かくなってきたとか、そういうことも関係しているでしょう。

確か、再生土がいろんな土を混ぜて、使いやすくした結果、

単調なものを作りやすいという性質があったような気がするので、

ほんと、さじ加減次第だろうな、と隠崎さんのしていることに、

陶芸家みんなが思っている事

(土の有限性とか、土を焼くことは不燃ごみをつくりだしているだけではないか等々)

の未来が垣間見れた気がしました。

3/30(日)までです。

なかなか見られない作品が目白押しなので、絶対見ないと損しますsign03sign03sign03sign03

それと、図録も閉じ方とか、一昔前風の字体とかを

隠崎さんがとても凝ったそうで、お値打ちですよーnoteheart04

智美術館 HP

http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html

追記 今回は、智美術館さんのご厚意で、

学芸員さんに丁寧なご説明を頂きました。

改めて、お礼申し上げます。

ありがとうございましたsign03

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

続きを読む "140221 隠﨑隆一 「事に仕えて」@智美術館(虎ノ門)&140220-21 備忘録" »

140215 平成25年度富山ガラス造形研究所卒業制作展@市民プラザ(富山)

久々に行きました~♪heart04

 

Toyamaglass1

Toyamaglass2

Toyamaglass3

Toyamaglass4

 

さてさて、

富山ガラス造形研究所卒業制作展

2009年以来、久々に拝見しましたnote

富山ガラス造形研究所は、

ゆこもりでも個展をして頂いている

小路口さん、小幡さん、梶田さんなど

面白いガラス作家さんを輩出しているところhappy02good

早速、気になった方々を挙げましょうsign03

①大野和美 「夢の箱船」

1

2

高校を出てすぐ、富山ガラスに入ったということで、ガラス歴まだ2年とのこと。

最近は、どこか美大を出てから、入る人が多いので、すごいなー。

だからこそか、シンプルに、ガラスに向き合っていて、

とてもキレイで、キラキラしていましたlovelyheart04heart04

周りにはいろんな人がいるだろうけど、

是非、自分の作りたいものをじっくり真摯に作ってほしいです。

②作田芳 「今日もどこかで」

1_2

2_2

パート・ド・ベールの「ちっちゃいもん倶楽部」heart04

いろんなカタチの可能性を見せるにはこうしかないですよねhappy01

合わせ技一本~♪

③西村青 「at midnight」

1_3

2_3

3

総合的な演出・展示力が素晴らしいsign03heart04

この世界観、大切にしてほしいですhappy02good

④新里栄太 「朝日の滝ー朝-」

1_4

ガラスの塊と苔のコラボが、ゆこもりど真ん中の構成heart04

これは、小さいものとか、いろんなバージョンを見たいナーlovelyheart04

⑤和田浩平 「僕らのインスタントユニバース」

1_5

2_4

ゲーセンみたいに、用意してある10円玉を投入すると、

まあ、ド派手な空間にnoteheart04

ガラス学校の卒展の意味(苦笑)coldsweats01sweat01

ハッチャケテました~happy02heart04heart04

2/19(水)までです。

富山ガラス造形研究所卒業制作展 HP

http://toyamaglass.ac.jp/info/entry-000799.php

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140214 金沢美術工芸大学 平成25年度卒業・修了制作展@21C美術館(金沢)

今年は、卒展巡ってますっっ♪heart04

 

1402141

 

さてさて、

先日、藝大の卒展に行って来ましたが、

今回は、金沢美術工芸大学(以下、金美)の修了展へnote

昨年の卒展には伺えましたが、修了展は阿曽くんの2009年以来??

金美は、学部生と修士・博士修了生の展示時期が違うんです…。

会場のキャパもあるんだろうけど、藝大・京芸みたいに一緒にしてほしいなーbearing

早速、気になった作品を具体的に挙げますhappy02good

橋本知成 「源生(げんしょう)」(修士課程)

Hashimoto1

Hashimoto2

Hashimoto3

Hashimoto4

年末に、香林坊大和でのグループ展で、抹茶茶碗を見て気になり、

今回、修了展に行くきっかけになった方。

いろいろ試行錯誤の末、二ケ月ほどで制作したそう。

全部、紐のてびねりで制作したそうで、

「えぐりとった」形のシャープなエッジもしっかり出ていましたねーheart04heart04

博士に進学されるそうなので、じゃんじゃん制作して、発表してほしいなーhappy02

加守田好きということで、やはりっ!と思いましたゾhappy02

佐合道子 「Beginning」 「Hermony」 「連」(博士課程)

Sagou1

Sagou2

Sagou3

Sagou4

Sagou5

Sagou6

Sagou7

女性性特有のゆこもりには「気持ち悪いcoldsweats01sweat01生物系」(苦笑)

でも、ほんと、作り込んでいて、スゴイ…happy02

鋳込みの時に、空気を入れて、「ヒビ」を入れ、

そのまま、もしくは、割ってから焼くそう。

中の造作は、「ヒビ」から、ピンセット?などで、設置したらしい。

この春からは、退官される板橋先生とアトリエを立ち上げるとのことhappy01

教わって、さらに一緒にアトリエ立ち上げなんて、うらやましい…happy02

③片石憂衣 「還るところ」(修士課程)

Kataishi1

Kataishi2

Kataishi3

薄作りで挽いた磁器のさかづきを割ったインスタレーション作品。

カケラを持って帰れるイベント付きheart04

Kataishi4

思わずゆこもりも、大きめのカケラを持ってきちゃいました…coldsweats01

陶芸家(を目指す人)で、割ったり、穴を開けたり、というのは、

なかなか(抵抗感があって)しづらいことだと思うので、

もしかしたらこの方は、陶芸からは、

(いろんな意味で)「離れる」ひとなのかもしれない…。

今年は、留学中の人もいたからか、発表人数が少なかった気がしました。

/18(火)までです。

金沢美術工芸大学 平成25年度卒業・修了制作展 HP

http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/www/contents/gallery/h26/sotsu2014/sotsu2014.html

藝大で会わなかったと思ったら、金美に小山さん、居た…coldsweats01sweat01

ホント、よく出くわすなー(笑)

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140214 至高の精神展15 絆のイコン 加治晋@砺波市美術館&140214 備忘録

かっこいい作品です♪heart04

 

Kaji1

このタイトルのフォントも、気になりました~~happy02heart04heart04

 

さてさて、

富山・砺波市にある砺波市美術館で開催中の

~至高の精神展15 絆のイコン 加治晋~を拝見しましたnote

ちょうど、北陸に用事があっていく前に、松美でチラシを見て、

「行かねばっhappy02good」と直感しました~noteheart04heart04

やっぱり、見て正解happy02sign03

加治さんは、金美修士修了後、

清水九兵衛さんに師事。

九兵衛さんの作品は先日、鎌近で見たばかりheart04

学芸員さんに、作家さんに問い合わせてもらって、

写真撮影許可を頂けたので、拙い写真coldsweats01ですが、お裾分けhappy01

Kaji2

(絆のイコンー赤の御子 2014)

今回一番気になった作品heart04

大理石に、胡粉も使ってあったからか、

白の「質感」がいいな…lovelyheart04heart04

赤とのコントラストもステキでしたhappy02good

Kaji3

(メランコリアー緑青色の 2012)

ステンレスを使ってあり、光が反射して、床に「月影」が…。

最初、どうなっているか、わかりませんでした。

とても、ロマンチックな作品happy01heart04heart04

Kaji4

Kaji5

(聖告 2013)

今回の展覧会チラシに載ったメイン作品。

金属を使っているところは、九兵衛さん仕込みhappy02heart04heart04

Kaji6

Kaji7

3/2(日)までです。入場無料です。

お近くに行かれる際は、ぜひsign03heart04

至高の精神展15 絆のイコン 加治晋 HP

http://www.city.tonami.toyama.jp/shisetsu/bijyutu/kikaku.html#009

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

続きを読む "140214 至高の精神展15 絆のイコン 加治晋@砺波市美術館&140214 備忘録" »

140212 小嶋三樹写真展@桔梗屋ギャラリー(甲府)

不思議な出会いでした~♪heart04

 

130212_kojimamiki

慌てて撮ったら、ボケました…coldsweats01sweat01

 

さてさて、

ヤボ用で山梨に来ました。

山梨県立美術館に行こうと思った途中に、

信玄餅で有名な桔梗屋さん発見note

ちょうどいいsign03と、おみやげを買いに立ち寄ると、

奥にギャラリーらしきものがあるじゃないですか~happy02good

どれどれと拝見すると、写真展を開催中note

最近、植田正治とかも見て、写真づいてるゆこもりhappy01

いやー、引き寄せました~happy02sign03

まるで、日本画のように見える白と黒の世界が幻想的…lovelyheart04heart04

ちょうど写真家の小嶋三樹さんも在廊されていて、

二時間弱、いろいろ有意義なお話しを伺えました~happy01heart04heart04heart04

今回、「閑寂幽玄」と題して、「滝」がモチーフ♪

デジカメで撮影して、プリントアウトしたとは思えないマチエールhappy02sign03

お話を伺うと、なるほど、いろいろとこだわり・信念のこもるものでしたheart04

2/23(日)までです。

この質感は、実際に見ないとわからないので、

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ見に行ってくださいねーnote

写真家 小嶋三樹さん HP

http://www.miki-kojima.com/

追記 肝心の県美には、時間切れで行けなかったです…coldsweats01sweat01

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140208 大雪の日の顛末&ゆこもりの様子

大変でしたね…bearingsweat01sweat01sweat01

 

1402081

 

さてさて、

おととい2/8の大雪について。

あまりにも、すごかったので、ブログに書いておきますnote

ゆこもりは実は、山梨に行っていて、

その日、松本に戻らなければならず、朝一に甲府を発ちました。

甲府を出る時は、「まあ、大丈夫だろう…」なんて思っていたら、

さあ大変bearingsign03sign03sign03

中央道が不通になり、「まあ、いつも下道だし…」と

気にせず走っていたら、岡谷の国道20号の脇道で、二時間以上sign03sign03足止め…crying

やっとのこと動いても、そのあとも渋滞は果てしなく続き…、

結局、いつもなら三時間の道が八時間以上かかりました~~~cryingcryingcrying

どうやら、上り坂で軒並みスリップして、のぼれなかった車続出だったみたい。

ここで教訓…。

「雪が降ったら、小道・脇道でなく、王道の街道が実は近道」

国道20号は、ついつい時間がかかる…、といつもは使わないのですが、

こういうときは、やっぱり主要道は強いですね。

で、最後に家に着く直前の坂道でゆこもり自身がスタックcryingsign03sign03

家の駐車場も、一面、ひざ上くらいの50センチ以上?の雪、雪、雪…coldsweats01sweat01

雪かきで追い打ちをかけられましたcrying

年末から楽しみにしていたイベントも、泣く泣くcryingキャンセル。

でも、タダでは転ばないゆこもり(爆)happy02good

行けないはずだった別のイベントに行きました~sign03

(途中、またまたスタック…coldsweats01にもめげずsign03

それは、松本市内にあるGive me little more.での黒瀬陽平トークライブ

やっぱり、大雪の影響で、黒瀬さんも遅れに遅れて、

21時過ぎかなcoldsweats01、やっと到着して、24時過ぎまで、

現代アートから、

オタク文化 仮面ライダーディケイドらき☆すたについてまで、

まあ、面白い着眼点を聞けました~~♪happy02heart04

個人的には、「プラットフォーム」への着眼点が「ツボ」でしたconfident

詳細は、

黒瀬陽平(カオスラウンジ)「情報社会の情念 クリエイティビティの条件を問う

でどうぞhappy01heart04heart04

heart04、ゆこもりの大雪の様子はこんな感じnoteheart04

1402082

(次の日は写真撮り忘れた…)二晩経って…

1402083

1402084

あんな高さまで雪が…coldsweats01

1402085

ちょっとした「アルペンルート 雪の大壁」みたいなのができました~happy02heart04heart04

ああ、体が痛い(苦笑)coldsweats01sweat01sweat01

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

140210 くらもと古本市vol.3@諏訪蔵元各所(諏訪市)

初めて行きました~♪heart04

 

1402101

 

さてさて、

明日まで、諏訪の蔵元五蔵にて開催中の

くらもと古本市vol.3にお邪魔しましたnote

1402103

残念ながら、ゆこもりは車で行ったので、

お酒の試飲は出来ませんでしたが、

そうでなければ、お酒を飲みながら、

古本を探せるというお酒・古本好きならhappy02goodなイベントnote

古本だけでなく、骨董や洋服もありました。

1402104

南アルプスから出店の「アトリエ ラスト」さん♪などなど。 

宮坂酒造 真澄さんでは、

松本から、栞日さんも参戦中happy02sign03heart04

1402105

1402106

他にも、長野市の「ch.books」さんとか、

製本の美篶堂さんも出店してましたよ~heart04

ゆこもり個人的には、

横笛 伊東酒造さんの「横笛 伊東酒造 キューピー」が可愛くて…lovelyheart04heart04

(イベントと関係なくてスミマセン…coldsweats01sweat01

1402102

30代の若社長さんが、皆に内緒で作っちゃったらしい…happy01sign03

実際、売ってくれた社員さんは、ちょこっとだけ呆れ口調(苦笑)

でもでも、こういうことこそ造り酒屋さんはするべきだと思うんです。

昔から、造り酒屋さんは、文化の発信拠点だったはずsign03

古本市とかこういう、「面白いこと」はジャンジャンやってほしいなー♪

で、どんなキューピーちゃんだったかは、

実際に見に行ってくださいな…happy02heart04

明日、11日までです。

よかったら、行ってみてくださいnote

くらもと古本市vol.3 HP

http://kuramoto.valuebooks.jp/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター