« 131113 現代の名碗@智美術館(東京・虎ノ門) | トップページ | 田中一光陶展Ⅳ 作品紹介その3 ~花器いろいろ~ »

131113 ターナー展@東京都美術館(上野)&131113 備忘録

ターナーよかったです♪heart04

 

Turner1

Turner2

Turner3

Turner4

Turner5

Turner6

さてさて、

大改装して以来初めて、

ターナー展開催中の東京都美術館に行って来ましたhappy01note

改装に、スゴイ時間をかけてたけど、

何がそんなに変わったのかあんまし分からなかった…(苦笑)

ターナー(1775~1851)は、イギリスの風景画家。

よく霧のかかった空とか、蒸気機関車、船なんかで、

見たことある人もいるかと思います。

今回何がよかったかというと…

まるで抽象画のような習作sign03

ターナーにしてみると、

「そんなもの、公衆の面前に展示するなよーcoldsweats01」って、

いいそうな、描きかけのものたちがいいんですっっheart04heart04

順を追って紹介していきますと

Ⅰ初期

①ダラム大聖堂の内部、南側廊より東方向を望む(cat no.9 1798年頃)

ターナー23歳ころの作品。

既に、「光線」が描かれています。

②防波堤の側を往く船(cat no.12 1796-98年頃)

Photo_6

(WEBより拝借しました)

ターナーといえば、船、荒波、雲♪

20代前半で、ほぼ完成されています♪

Ⅱ「崇高」の追求

①ダーウェントウオーターとロウドアの滝、

バロウデイル渓谷をカーフクローズ湾の岬より望む(cat no.17 1797-1801年頃)

ホッとする湖面の透明感good

ターナー作品は、遠くから見た方がいいかもnoteheart04

Ⅲ戦時下の牧歌的風景

①廃墟のわきで水を飲む牛(cat no.29 1800-1802年頃)

夕映えがいい♪

Ⅳイタリア

この章は、あまりターナーっぽくなかったなー。

Ⅴ英国における新たな平和

①「トラファルガーの海戦」のための第二スケッチ(cat no.52 1823年頃)

雲、船、波がイイnoteheart04

②ダート河畔のダートマス(cat no.53 1822年)

③スカボロー(cat no.54 1825年頃)

版画集のための原画。

こまやかsign03heart04

④海より望むフォークストン(cat no.55 1823-1824年)

波!雲!船!雲と波渾然一体happy02heart04heart04

紺、白、橙のコントラストがイイっhappy02heart02heart04

Ⅵ色彩と雰囲気を巡る実験

この章が一番よかったです!!

①にわか雨(cat no.70 1820-1830年頃)

水色の斜め線のみで、雨を印象付けていますhappy01

②三つの海景(cat no.73 1827年頃)

ほんと、抽象画です!

③城(cat no.74 1820-1830年頃)

城部分のみ白抜きしていることで、城と分かるけど、抽象画note

Ⅶヨーロッパ大陸への旅行

ターナーは、風景画家だけど、

はっきりした題材より、漠然としたものの方がいいなー♪

Ⅷヴェネツィア

この章も、遠くから見た方がいいですよーnote

①サン・ベネディット教会、フジーナ港の方角を望む

(cat no.99 1843年ロイヤルアカデミー展出品)

Photo_4

(WEBより拝借しました)

タイトルの教会は描かれていない!

雲がキラキラshine

水面に一筋の光と相まってイイnotesign03

この写真だとわからないけど、

ワンポイントの赤色も効いていますhappy02

Ⅸ後期の風景画

評論では、「石けんの泡と水漆喰」と揶揄されるほど、

形を成さなくなってきます。

①日の出(cat no.102 1835-1840年頃)

Photo_3

(WEBより拝借しました)

空+大河の赤、黄、グレーの色彩が素晴らしいっ♪

Ⅹ晩年の作品

①平和ー水葬(cat no.114 1842年ロイヤルアカデミー展出品)

八角形に装丁されて、とてもステキですheart04

Photo

Photo_5
(WEBより拝借しました)

12/18(日)までです。

是非、見に行ってほしいですsign03

近くから見ても素晴らしいのですが

遠くから眺めるのもオススメですgood

ターナー展 HP

http://www.turner2013-14.jp/index.html

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ぜひ是非ポチッと、お願いしますねっっっhappy02heart04dash

131113 備忘録

作家さんが個展を盛んにしているので、またまた東京に行ってましたhappy01

①ターナー展@東京都美術館(上野)

上記の通り。

開門前に行ったら、平日なのに並んでいたcoldsweats02sweat01

思い切って、行ってよかった…。

②第二回都美セレクショングループ展@東京都美術館(上野)

1

2
偶然みかけて、寄ってみました。

白磁の佐藤典克さん、よかったなー♪

Photo_7

特別展 京都ー洛中洛外図屏風と障壁画の美@東京国立博物館平成館(上野)

Tohaku1_3

Tohaku2

10/15の夜にプロジェクションマッピングを見るはずだった…weep

台風26号で中止crying

展覧会は、う~ん。

斬新な試みではあるけど、ね。

④常設展示@東京国立博物館本館・東洋館(上野)

ここは、いつ見ても素晴らしいgoodnoteheart04

Tohaku3

備前 銘 龍田川

Tohaku

白楽獅子香炉

Tohaku_2

瓦塔(朝鮮8~9C)

Tohaku_4

家型容器(韓・三国時代)
Tohaku_3

紅陶鬲(こうとうれき)

Tohaku_5

黒頂土器

Tohaku1

彩文土器

Tohaku1_2

車輪付き双口容器(韓・三国時代)

Tohaku_6

船模型(木・台湾19~20C)

Tohakuc

土偶・馬(韓・三国時代)

Tohaku_7
まねけ顔がキャワイイ♫heart04

展示は、少しずつ変わったり、テーマ展、企画展もするので、

時間があれば、絶対に見た方がいいですsign03

現代の名碗@智美術館(東京・虎ノ門)

Tomo1_2

陶芸好きは勿論、

陶芸をあまり見たことない方にも、

現代陶芸の『今』がわかるので、是非見て欲しいです♫

⑥若松八重美グループ展@熊山工房(代々木上原)

Photo_8
来年6月の女性作家だけのグループ展に出品してもらう作家さんnote

最終日で、ほぼ売り切れの大盛況♪

素晴らしいsign03

最後の最後に、電車を逆に乗るという失態で、20分のロス…bearingsweat02

はあ~、まったく(苦笑)bearingsweat01

アダム・シルヴァーマン「Space」展@小山登美夫ギャラリー (渋谷・ヒカリエ)

ちょっと気になって。

小山さん、最近、陶芸やるなーcoldsweats01

⑧大亦みゆき陶の絵展@小田急本店(新宿)

Oomata1

Oomata2
久々の大亦作品拝見♫

相変わらず、素晴らしいheart04

小さい作品を沢山見たいナhappy02heart01

⑨しんぱち食堂(新宿西口)

そろそろ違うところを開拓したいけど、

時間がないんですよねーcoldsweats01

そうそう、メトロ銀座線に新車両がお目見えしています♪

New2

New1
昔の感じが、可愛いんだなーheart04

今回もいつも通り、廻り切れずに断念したところ満載weep

う~む、この時季は、いい展示やってるからなー。

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

« 131113 現代の名碗@智美術館(東京・虎ノ門) | トップページ | 田中一光陶展Ⅳ 作品紹介その3 ~花器いろいろ~ »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/53935521

この記事へのトラックバック一覧です: 131113 ターナー展@東京都美術館(上野)&131113 備忘録:

« 131113 現代の名碗@智美術館(東京・虎ノ門) | トップページ | 田中一光陶展Ⅳ 作品紹介その3 ~花器いろいろ~ »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター