« 平林昇・阿曽藍人陶展 作品紹介 特別室♪ | トップページ | 平林昇陶展 作品紹介 その4 (花器いろいろ) »

光と影の旅人 藤松博展@松本市美術館(松本)+竹森公男の漆芸@諏訪市美術館(諏訪)+131016 備忘録

ある画家の軌跡

Hujimatu3

Hujimatu1

Hujimatu2

さてさて、

10/12より開催中の

光と影の旅人 藤松博展@松本市美術館(松本)に行って来ました~♪heart04

松本は、台風一過の晴れ♪

Eki

藤松博(1922~1996)さんは長野県飯山市生まれhappy01

なんと、1941年6月には、本郷国民学校(多分、浅間温泉辺りsign03)で、

図工の代用教員として、着任しています。

無審査・無賞の公募展「読売アンデパンダン展」へ連続出品し、

瀧口修造をはじめ多くの批評家から高く評価されました。

一言で言うと、これぞ「THE 絵画展」note

途中から入ってきた姦しいオジサンオバサンご一行が、

「難しい!」、「私にはわからない…」と

いちいち言いながら見ていましたが(苦笑)、

でも、わからないではないですcoldsweats01sweat01

印象派のように分かり易い風景画ではないですし、

宗教画のように題材が、見て取れるわけでもないから。

でも、だからこそ、個人が好きなように「感じ取る」ことが出来ますheart02

ゆこもりのお気に入りは、

①花火と娘(cat no.19 1953 東京都現代美術館蔵)

1954年のタケミヤ画廊での個展出品作。

分かり易い構図で具象。

このころはまだ、普通に人を描いています。

②無題(cat no.30 1954)

嵐を表現したものか…?

タッチが荒々しく、面白かったです。

③化石(cat no.31 1954-55 千葉市美術館蔵)

油彩を厚くすることで、マチエールの「土」感がすごいheart04

④ローソク(cat no.90 1964 南天子画廊蔵)

大きなローソクに藤松さんの特長のひとつ

「ひとがた」といわれる人をかたどった赤いカタチの模様が、

「人」、「human」などの文字とともに書いてあります。

⑤都市(cat no.92 1965)

やはり「ひとがた」で、カラフルheart04

混沌としていますconfident

他にもいろいろやっていて、

ロウソクの油煙を使ったものなどは、

東郷青児チックに見えました。

(ちょうど、この後行った諏訪市美術館で東郷青児作品を見ましたsign02

「ひとがた」をメインに、だんだん動きが出てきたり、

月やはさみ、ビンなどと合わせたりして、

いろいろな変遷が見て取れます♪

絵がお好きな方は是非heart04dash

松本市美術館 HP

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/artmuse/p3/p3-html/p3-kikaku19.html

彫漆の大作が目白押し♪

Suwabi1

Suwabi2

そして本日二本立てsign03(笑)

10/27まで開催中の

竹森公男の漆芸@諏訪市美術館に行って来ました~♪heart04

彫漆という、漆を積層して彫り出し、図柄を描く技法happy01

彫漆と言えば、以前もご紹介した音丸耕堂さんを思い浮かべますnote

音丸さんが器で表現していたのに対し、

竹森さんは、平面で彫漆を試みています。

初めて見たなー♪

「彩明」(1983 第15回日展出品作 諏訪市美術館蔵)が、

とてもカラフルで、靉嘔(あいおう)を彷彿とさせる感じで素敵でしたheart04

諏訪市美術館では他にも、

マチエールのゴツゴツした感じがすごい

野村千春「みだれ咲く(萩)」(1979)や、

竹森さんの先生である小口正三の彫漆もすごかった…coldsweats02good

一見の価値ありですので、是非heart04dash

諏訪市美術館 HP

http://www.city.suwa.lg.jp/scmart/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

131016 備忘録

本当は、台風26号が来なかったら、

東京に行ってました…sad

で、来週以降と思っていたところに急遽行くことに!

①松本民藝館

前回ブログの通り。

いやー、浜田庄司も絶賛していたという染屋焼…。

奥深いところに、手を染めてしまった…(苦笑)

②藤松博展@松本市美術館

上記の通り。

まあ、五月蠅いオジサンオバサン集団がいた…。

ずっと、「わからない」「難しい」の連発&関係ない話で大笑いsad

係の人に注意されてもやめないってのはpoutdash

まあ確かに、今回の展覧会は難しいけども。

パン屋ヴェグリさんheart04

久々に、やっと行けた~note

前回食べられなかったアンパンなどを取り置きしてもらいました♪

でも、小倉トーストの方が、あんこが甘く感じられておいしかった♪

やっぱり、バゲットはイチオシですsign03

④佐藤透コアグラス展&長野県工芸展@北澤美術館(諏訪)

Kirazawa2

Kirazawa1

ひっさびさに行ったなー。

第33回長野県工芸展も一緒に拝見。

⑤竹森公男の漆芸@諏訪市美術館(諏訪)

上記の通り。

ほんと、漆の世界は深いなーbearing

⑥パン屋はっぴーおじさん(岡谷)

131016
移転後初めて行けたhappy01note

ほとんど売り切れていて買えなかった…weep

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

« 平林昇・阿曽藍人陶展 作品紹介 特別室♪ | トップページ | 平林昇陶展 作品紹介 その4 (花器いろいろ) »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/53624749

この記事へのトラックバック一覧です: 光と影の旅人 藤松博展@松本市美術館(松本)+竹森公男の漆芸@諏訪市美術館(諏訪)+131016 備忘録:

« 平林昇・阿曽藍人陶展 作品紹介 特別室♪ | トップページ | 平林昇陶展 作品紹介 その4 (花器いろいろ) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター