« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ 作品紹介 その4(終わり)

本日最終日ですよ~♪

1309281

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ

Let’s enjoy colorful carnival ! 2

とうとう、本日18時までですsign03

今回ご紹介するのは、昨日追加された作品ですっnote

無くなってしまったものも、追加してもらえましたhappy01heart04

1309283

1309287

ゆこもり一押しは、イスマケット(小さいver.)noteheart02

正規の作品とほぼ同じモノを作ってきました(笑)

チョーキャワゥいいんですぅ~~~heart01happy02heart04heart04heart04

1309284

1309285

1309286

1309288

残念ながら、栢野さんは本日、在廊されませんが、

是非、見に来てくださいねーnotehappy01good

そして…

いつもお世話になっているWEB新聞

松本経済新聞さんに記事を掲載して頂きましたscissors

栢野さんも載っていますので、是非ご覧くださ~いhappy02sign03

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1479/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

130926 カタクラモール再開発についてディスカッションby松本都市デザイン研究会

カタクラモール再開発ご存知ですか?

さてさて、

突然、アートとは違うお話を…。

以前、ご紹介したカタクラモール再開発について、

久々に、報告会&ディスカッションに行って来ました。

現状はどうなっているかというと…、

松本市にあるカタクラモールというショッピングセンターが、

イオンにより、再開発されることが決まったんですね。

ただ、カタクラモールには、カフラスと生物科学研究所(以下、生科研)という

とても雰囲気のある、松本の産業史においても、

大切な建物があるんですが、

それを撤去するのが、再開発の前提らしいんです。

で、俗に言う、郊外にある『要塞型』といわれる箱モノが出来るんじゃないか…と、

景観を大事にする人や、歴史的建造物に興味のある人、

大規模店舗が来るのは…という人、などなどは戦々恐々としているわけです。

で、モノ申す気質の松本市民が何もしないわけもなく、

建築家さんや環境デザインの専門家などが、

松本都市デザイン研究会という会を母体として、

いろいろ研究、提案を行っています。

今回は、建築家6人による、具体的提案

『~イオン松本ガーデンモール~

松本らしいイオンモールの提案:

都会や郊外では生み出すことのできない松本ならではのモールへ』

ということで、提案がありました。

提案の趣旨としては(注:以下、ゆこもりの意訳も含みます)

●松本の山並みを楽しむモール

ガラス張りにするなどで建物内から楽しみ、高層にしないことで、外の景観も損ねない。

●松本の空気・風・水を楽しむ庭園のようなモール

建物を分散し、緑のプロムナード(遊歩道)で繋ぐことで、

ショッピングでも散歩でも楽しめ、

大規模施設化することによる冷暖房による環境負荷を減らし、

囲い込みでなく、オープンなスペースにする。

●歴史に新たな力を吹き込む

全てをさら地にして、まったく新しいものを作り直すという、

時代に逆行した方法ではなく、

今ある歴史的建造物に耐震補強を施し、

片倉が開発してきた、東松本の由緒や

歴史・ストーリーを語る建物にリニューアルする。

●次世代交通体系に即した集客の工夫

大規模化することで、

確実に起きるであろう近隣渋滞を起こさないために、

公共交通(例えば、タウンスニーカーの乗り入れなど)

によるまちなかへのアクセスの向上とともに、

駐車できる台数を、駐車場の立体化などで、さらに増やす。

そして…

今回一番面白いsign03と思ったのは、

現在、お城近くにある松本市博物館を

カタクラモール敷地の一角に移転してもらうというアイディアhappy02sign03

博物館は、お城の中ということで、いずれ移転しなければいけないそうです。

もし、これが実現したら、それこそ松本市美術館、松本芸術館とともに、

文教地区として、新たな価値を創造できます。

そうすれば、カフラス・生科研も、味わいのある建物として、

文教地区にふさわしい役割を担ってもらえますし、

そんな地区にあるショッピングモールなんて、素敵じゃないですかhappy01heart04

イオンさんにも、悪い話じゃないと思うんだけどなー。

どうですかねぇcoldsweats01sweat01

いろいろご意見があると思いますが、

まずは是非、関心を持って頂けたら、と思います。

松本都市デザイン研究会 HP

http://matsumoto-design.net/

~141116 追記~

カタクラ再開発についての最新記事を、下記にアップしています。

http://yukomori.cocolog-nifty.com/yukomori/2014/11/141112-by-75aa.html

~141212 追記~

Change org.というサイトで、

イオンに対して、『松本市「カフラス」と「生物科学研究所」の

建物、大部分の保存再利用』の署名を集めているそうです。

是非、覗きに行ってくださいねー♪

https://www.change.org/p/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%B8%82-%E3%82%AB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%81%A8-%E7%94%9F%E7%89%A9%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80-%E3%81%AE%E5%BB%BA%E7%89%A9-%E5%A4%A7%E9%83%A8%E5%88%86%E3%81%AE%E4%BF%9D%E5%AD%98%E5%86%8D%E5%88%A9%E7%94%A8

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

130926 アンリ・ルソーから始まる素朴派とアウトサイダーズの世界@世田谷美術館(東京)&130926 備忘録

「アウトサイダーズ」いいです♪

Setagaya1

Setagaya2

さてさて、

いつもご案内を頂いている世田谷美術館(以下、せた美)さん。

やっとルソーを見に行って来ました~heart01happy02heart04

何度見てもいいnotehappy01heart04heart04

なんで、いいのか…と、

ゆこもりなりに考えたのですが、

やっぱり、楽しんで描いているのが伝わるからかな、とhappy01

描きたいっっ!!という衝動とか、

描く喜びとか、描かざるを得ないとか、

まあ、なんでもいいんですが、その素直なものに魅かれるんです、きっとhappy02good

で、今回の作家に共通だなー、と気づいたのが、

「緑」色のインパクトhappy02sign03

ホント、緑が幽玄だったり、漆黒だったり、

とても綺麗なんですnoteheart02heart04

それと、人物ののっぺりとした単調さ(笑)

なんだろう、あの素朴さはsign02

いろんな意味で、癒されましたーlovely

11/10までですので、是非見に行って欲しいですnote

世田谷美術館 HP

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

続きを読む "130926 アンリ・ルソーから始まる素朴派とアウトサイダーズの世界@世田谷美術館(東京)&130926 備忘録" »

明日28日在廊予定の栢野さんですが…

残り二日となりましたっっsign03

1

さてさて、

あっという間に、

栢野さんの個展も

明日、あさってを残すのみとなりました~っheart01happy02heart04

明日、在廊予定の栢野さんですが、

都合により、夕方以降しか居られませんcrying

(あくまでも予定です。もしかしたら、来られない可能性もあります…wobbly

その際に、追加の作品を持ってきますよーsign03heart04heart04

栢野さんに会いたい方は、夕方以降にお越しくださいhappy01

写真は、イチオシのイスですlovely

最初に、時間をかけて、試作品(マケット)を作りました。

それが、これnote

Photo

是非ぜひ、来てくださいねーhappy02

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

130920 水野美術館(長野)&早川和明ガラス展@志賀高原ロマン美術館(山ノ内町)

初物ずくし~♪

Mizuno1

さてさて、

前から気になっていた水野美術館に、やっと行けました~♪ 

庭が綺麗で、素敵happy02heart04heart04

Mizuno2

とても贅沢な空間で、今回は、美人画。

美人画ということで、

伊藤深水、上村松園、鏑木清方から、

土田麦僊、村上華岳、菊池契月など、

日本画の作家さんを扱ってますlovely

今回、気になったのは、

横尾芳月「立茶手前」ー♪

キレイだったなーhappy02heart04

美人画は昨日まで。

次回は、

「耳をすまして - 日本画にきく音 - 」というタイトルで、

奥田元宋などが出品されるようですwink

お近くに行かれたらどうぞ~happy01heart04

 

水野美術館 HP

http://www.mizuno-museum.jp/index.php

そして、その足で、小一時間さらに北上して、

志賀高原 上林温泉にある

志賀高原ロマン美術館で開催中の

「ダイナミック・スペース 早川和明 ガラス展」

に行って来ました~♪

Hayakawa2

早川さんは、以前、作品を購入したことがあって、

ゆこもりにも来てくれたことがあるガラス作家さんhappy01

ボロシリケイトグラスという耐熱ガラスを使って、

小宇宙を表現していますhappy01

基本的には、手のひらに乗るような小品を制作されていると思うのですが、

展示会場がとても広く、展示はさぞsign03大変だったろうな…、

と思ってしまいました。

Hayakawa5

Hayakawa4

Hayakawa6

よくやったな…coldsweats02

他では、なかなか見ない作品なので、

お近くに行かれた際は是非happy02good

今月29日までですnote

設計も、あの黒川紀章なので、風変りですbearing

Hayakawa1

Hayakawa3

早川和明 Sow glass HP

http://www.sowglass.com/

にほんブログ村 美術ブログへ

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ 作品紹介 その4

お皿いろいろです~♪

Photo

Photo_2

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ

Let’s enjoy colorful carnival ! 2

今回ご紹介するのは、皿いろいろですっheart01happy02heart04

栢野さんの作品は、

皿は、まるでキャンパスですhappy01heart04heart04

栢野さんも、そう思っているのか、

横45センチ強*縦35センチ弱の大皿なんか、

後ろの高台部分に、穴が開いていて、

針金を通して、飾って吊るせるようにしてありますもんねーnotehappy01good

1

2

是非ぜひ、見に来てくださいねーnote

そして…

いつもお世話になっているWEB新聞

松本経済新聞さんに記事を掲載して頂きましたscissors

栢野さんも載っていますので、是非ご覧くださ~いhappy02sign03

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1479/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

130918 大人の美術講座(オトナ美) 第四回 日本画@松本市美術館

今回もいい経験が出来ました~♪

 

1309181

さてさて、

松本市美術館にて、

大人のための美術講座(オトナ美)というものにまたまた行ってきました~heart04

夜、やってくれるから、有難いhappy01good

前回のフレスコ画が面白かったので、

キャンセル待ちでお願いしていたら、空きが出てラッキーnote

アニメーション基礎講座、発想力養成講座に続き、

第四回は、日本画happy02

講師は、エクセラン高校の日本画担当の小林先生。

皆さん、日本画から何を連想します?

ゆこもりは、なんだろう…、

岩絵の具の綺麗さと、なんだか扱うのが大変そうな感じかなhappy02

結局、絵の具とそれを溶かすものによって、

例えば、油絵具だと油で溶かすし、

アクリル絵の具だと、アクリル樹脂で溶かすんですよねー。

で、日本画はというと、

膠(にかわ)で溶かして、キャンパスに接着させるんです。

は、動物の皮革や骨髄から採られる強力な糊ですねwink

いろいろな種類があるみたいですが、

今回は、三千本という棒状のものを使いました。

1309184

1309185

膠にも、いろいろあります♪

1309186

既に先生が、溶かしてくれていました。

で、実際にやってみると…、

手順としては、

①既に銀箔を貼ってある板にドーサを塗る(ドーサ引き)。

1309182

13091810

ドーサ(礬水液)とは、膠液に明礬(ミョウバン)を少量加えた物で、

紙の滲み止めの役割をします。

これが、なかなかイメージできなかったのですが、

今回の場合は、銀箔を腐食させないための保護材の役目でした。

なので、塗った所は、銀がキレイに残りました。

②ドライヤーでよく乾かし、

13091811

ムトウハップ(硫黄が主成分の家庭用入浴剤)が塗ってある紙を

熱したコテもしくは、アイロンで押し付け、銀を腐食し、変色させます。

13091812

13091813
これが、面白かったheart04

コテの方が、熱量をかけられるので、劇的に変わり、

アイロンは、じっくりあてられるので、コントロールできる感じかな。

熱の加え方、硫黄分の濃さにより、黒くなったり、緑っぽくなったりhappy01

③再度、全体にドーサを塗って乾かし、銀の腐食を止めます。

13091814

④乾かしている間に、下絵を(今回は)トレーシングペーパーに描く。

⑤下絵の裏側に、鉛筆をこすり付け黒くして、下絵を転写する。

これが、原始的でびっくり(笑)

転写紙とか使わないんですねーcoldsweats01

⑥下絵にそって、絵付けをしていく。

で、絵の具ですが、いろいろあって、

・岩絵の具ー天然、新岩、合成

1309187

・水干(すいひ)絵の具ー岩絵の具より、粒子が細かい。

1309188

私は、岩絵の具を使って、色もいろいろ混ぜてみましたnoteheart04

13091815

13091816

13091817

樹皮の緑の「苔蒸した」感じは、垂らし込みで♪

13091818
で、樹木を描くという主題だったので、古木の夜桜をイメージhappy02

案の定、時間が全然足りなくて、肝心な花びらを描ききれませんでした~crying

13091819

これ、砂子蒔きという技法までやってみたんです…。

描く時間は、正味90分ないくらいかな…。

その間に、岩絵の具を膠で溶かすとかの準備やら、

いろいろ手間がかかりましたねー。

反省点としては、

係の人に、「図柄は当日決まったものがあります」と言われたけど、

結局、ぶっつけ本番で、描くことになりcoldsweats01sweat01

下絵に時間がかかってしまい、肝心の本番を描く時間がなくなったことsign03sign03

何か、具体的なお手本でもあるのかと思った…weepsweat02

もう絶対、これからは、前もって描くものを準備しよう…。

絵心のない私は、急には思いつかないょ…wobbly

まあそれも、「自由に描いてもらいたい」という

小林先生の意図だったみたいだけども、ね…wink

日本画の奥深さとともに、

何故、皆がやれない(やらない)のか、少しわかった気がしましたhappy01

だって、やっぱり、手順や準備が面倒(爆)dash

岩絵の具も高いみたいだしねーbearing

でもでもでも、岩絵の具のキレイさは、虜になる、うん!

銀箔の上に描けたもの楽しかったですっっっhappy02goodheart04heart04heart04

オトナ美 HP

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/sisetu/oshirase/otonabi.html

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読んだら、是非ぜひポチっと、よろしくお願いしますねー♪heart04heart04heart04

どんどん増えてます…^^;

ゆこもりなもの 71

1309171
萩もキレイ♪

さてさて、

久しぶりのゆこもりなものですhappy02

台風一過の晴天の中、

気づけば、トンボがすごい飛んでますlovely

先日まで、蝉が鳴いていたと思ったのに…。

台風は、一気に季節を衣替えさせますねー

最近、お客様によく名前を聞かれる植物がこれhappy02

なんでしょうね…これcoldsweats01

1309173

奥の作品は、山田のやさんの「planet」です♪

いつの間にか、ゆこもりの庭にどんどん増えていますcoldsweats02

名前のご存知の方、教えてくださいなっnote

それと、水引き!!とヨウシュヤマゴボウ!!!

1309172
小さいのが、いろんなところから、ムクムクとbearing

すごいですねー、この繁殖力wink

ゆこもりも見習わねば(何を??、苦笑)

日々、刻々と変わる庭も、是非見てくださいね~happy01heart04

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ 作品紹介 その3

花器もいいですよ~♪

5

4

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ

Let’s enjoy colorful carnival ! 2

今回ご紹介するのは、花器ですっheart01happy02heart04

栢野さんの作品は、

前回のお茶道具の時も思ったのですが、

緑色が映えるんです~happy01heart04heart04

地のチタンマットのクリーム色の釉薬が合うんですねnote

花器も、最初は何も生けずに置いていたのですが、

Photo

常連のコレクターさんに「生けてみたら?」とアドバイス頂き、

実際に生けたら、これがいいっっ!happy01good

3

自画自賛で恐縮ですが、今盛りの萩の緑が際立ちますheart02

是非ぜひ、見に来てくださいねーnote

そして…

いつもお世話になっているWEB新聞

松本経済新聞さんに記事を掲載して頂きましたscissors

栢野さんも載っていますので、是非ご覧くださ~いhappy02sign03

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1479/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

130913 オススメのパン屋 weggli【ヴェグリ】(塩尻) ~131015 追記~

またまたまたまた…、みっけ♪

2_4

さてさて、

いつも来てくださるお客様から教えて頂き、

塩尻のパン屋さんに初めて行って来ました~heart01happy02heart04

出来て間もないそうです。

奥まった住宅街の一角にポツリとありましたー。

バイパスのホテルルートインの前にある小路を

間違えずに入れたら、あとは、ひたすら真っ直ぐあるのみ!!

建物は、とてもメルヘンチックhappy01heart04heart04

1_4
お客さんのオススメの通り、おいしかった~happy01note

Kさん、ありがとうございました~~~noteheart04heart04

酒粕の酵母を使っていて、ほんのり甘くて、優しい味lovely

ちょっと小さめのバケットが、そのままで美味しくて、バクバク食べちゃったbleah

食パンも、軽めの食感で、goodgood

あとは、小倉トーストも餡が甘すぎずよかった~~lovelynote

(水)、(金)、(日)のみの営業ですので、お間違えなきよう。

塩尻・辰野・岡谷・諏訪方面に行く際は、是非ーnote

weggli【ヴェグリ】 HP

http://blogs.yahoo.co.jp/weggli1118since2013

~131015 追記~

先日、ヴェグリさんを教えてくれたKさんが来てくれて、

ヴェグリさんの話になり、あとでブログをのぞきに行ったら、

ゆこもりのことも書いてくださっていました~sign03heart04heart04

ありがとうございますcrying

『止まった時』とか、『きっと、時間を忘れるために行くと思う。』

なんて書いてくださっていて、ウルウルweep

是非また、伺いますねーnote

http://blogs.yahoo.co.jp/weggli1118since2013/archive/2013/09/16

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチッとしてくれたら、さらに教えちゃいますっ♪heart04heart04heart04

開館20周年記念特別展 ”土岐 千尋 箱物語”@諏訪湖博物館・赤彦記念館(諏訪)&130913 備忘録

漆ふたものの可能性♪

1

さてさて、

ご案内を頂いたので、

諏訪湖博物館に初めて行って来ました~heart01happy02heart04

Photo
もう20周年なんだそうです。

建物は、なんだか不思議なカタチ…notehappy01

2
と、思ったら、平成5年に建った、伊東豊雄さん設計のものでした~happy01

豊雄さんは、ここの出身だったなー。

で、土岐千尋さんの展覧会。

信州木工会会員で、黒田辰秋にも弟子入りした方。

元々デザイナーさんだったので、カタチがとても斬新。

ご案内をくださった方が、

以前、畑中篤さんの個展を見てくださった方で、

どこか雰囲気を感じ、送ってくださったそうnote

斬新なカタチを削り出すという点は、確かにっ!

少なくとも漆を12回重ね塗りして、間に6回は研ぎだしています。

漆の可能性を改めて拝見できましたねーlovely

9/23(月・祝)までですので、お近くに行く際は、是非ーnote

諏訪湖博物館・赤彦記念館 HP

http://www002.upp.so-net.ne.jp/dsmsh/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

続きを読む " 開館20周年記念特別展 ”土岐 千尋 箱物語”@諏訪湖博物館・赤彦記念館(諏訪)&130913 備忘録" »

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ 作品紹介 その2

今回もポット・急須ありますよ~♪

1_2

2_2

さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ

Let’s enjoy colorful carnival ! 2

今回ご紹介するのは、急須・ポットですっheart01happy02heart04

Photo

Photo_2

以前から、カヤノワールド全開の作品notehappy01

見た目はすごいですが(苦笑)、

結構軽いし、水切れもいいし、使い勝手いいんですhappy01

実際に、水切れなどもお試しいただいていますので、

お気軽に言ってくださいねーnote

~9/10 追記~

いつもお世話になっているWEB新聞

松本経済新聞さんに記事を掲載して頂きましたscissors

栢野さんも載っていますので、是非ご覧くださ~いhappy02sign03

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1479/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ 作品紹介 その1

まずは、今回イチオシから~♪

 

1

2


さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ

Let’s enjoy colorful carnival ! 2

29日まで開催中で~~すheart01happy02heart04

今回は、なんといっても、新作の「イス」notehappy01

1_2

2_2

3

7
お子さんが座れるくらいの大きさでーすwinkheart04

写真をよくご覧頂くと…、

小さい「イス」がのっかっています♪

これは、大きい「イス」を制作する前に、

まず小さいものから作った俗にいう「マケット」です。

これも、きゃわいいんですぅ~lovely

DMを見て、早速いらした方は、

大きい「イス」を見て、

「もっと小さいものかと思った」とおっしゃっていました。

写真だと、大きさが伝わりづらいですよねーcoldsweats01

そうそう!それと、これはちょっと面白い作り方をしているので、

いらっしゃた際にお伝えしますねーhappy02good

是非ぜひ、見に来て、実感してくださいhappy01

~9/10 追記~

いつもお世話になっているWEB新聞

松本経済新聞さんに記事を掲載して頂きましたscissors

栢野さんも載っていますので、是非ご覧くださ~いhappy02sign03

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1479/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

是非ポチッと、お願いしますねっっっっ♪heart04heart04heart04

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ 展覧会風景

初日でした~♪

 

Kayano4dm


さてさて、

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ

Let’s enjoy colorful carnival ! 2

初日が終わりました~~heart01happy02heart04

明日、日曜日も一日、栢野さんいらっしゃいます

まずは、展覧会風景を簡単にですが、お見せしますねーwink

1309071

1309072

1309073

1309074

1309075_2

1309076
カヤノさんにも是非、会いに来てくださいねーhappy02good

~9/10 追記~

いつもお世話になっているWEB新聞

松本経済新聞さんに記事を掲載して頂きましたscissors

栢野さんも載っていますので、是非ご覧くださ~いhappy02sign03

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1479/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

130904 引込線@旧所沢市立第2学校給食センター(所沢)&和洋の書展など130904 備忘録

今回はイマイチ…wobbly(ネタバレしています)

 

1

2

さてさて、

2009年2011年に引き続き、行って来ましたheart04

一言で言って今回は…、残念でした………despairdash

続けていくには、いろいろ難しいのは分かるんですけれども、ね…

2009年の西武鉄道の旧車両工場、前回2011年が良すぎたんですよね~。

申し訳ないですが、現状だと遠方からわざわざ見に行く価値は、ないかも…。

近隣の方々が、行くにはいいでしょうけど…。

前回と同じ場所で、それより、規模、作品力ともに尻つぼみになったのでは…。

毎回期待しているだけに、つくづく…、つくづく残念ですweep

30分で見終わってしまった…。

そんな気持ちを反映してか、着いた直後から、豪雨に見舞われ、

帰路でズボン、靴がビチョビチョ…bearing

おまけに地震まで、朝一にありました…wobbly

で、そんな中でも、気になったものを、ピックアップすると…

利部志穂(かがぶ しほ)

1_2

2_2

3


今回、一番派手で大掛かりな作品。

他の方がするまで、気づかなかったのですが、

拍手など音に反応します。

どこかに、注意書き、書いてあったのかな…。

気づかなかった~。

倉重光則

Photo_2

カラフルなネオンで、ビビッドな空間にheart04

益永梢子

Photo_3

何が言いたいのかはわかないけど、目を引く作品。

伊藤誠

Photo_4

前回、前々回の体験型作品とは、趣向の違う作品で、同じ作家とは思えず。

これも、場所との整合性というか、「意義」を感じられず…。

作品自体は、面白いんだろうけども、なにせ、場所の「くせ」が強すぎる…。

まあ、そこに置くと決めたんだから、単純に「負けた」ということなのかな。

いろいろ手厳しいこと書いちゃいましたが、

それだけ、期待していると受け取ってもらえたら、有難いですcoldsweats01

引込線 HP

http://www.hikikomisen.com/2013/information.html

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読んだら、ポチっと、ねー♪heart04

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

続きを読む "130904 引込線@旧所沢市立第2学校給食センター(所沢)&和洋の書展など130904 備忘録" »

130821-23 あいちトリエンナーレ雑感@白川・納屋橋・岡崎エリア&130823 備忘録

このエリアは、イマイチ…wobbly(ネタバレしています)

 

1_6

さてさて、

長者町エリア古川美術館愛知県美術館(以下、芸文)に続き、

他のエリアをまとめて紹介~heart04

これらのエリアは、前回同様、もう少し頑張りましょうcoldsweats01

いろいろ難しいのは分かるんですが、ね…

特に、初参加の岡崎エリアは、

現状だとわざわざ行く価値は、ほとんどないかも…。

微かに、シビコの向井山朋子+ジャン・カルマン 「FALLING」くらいかな…

なんていうんだろう…、

「らしさ」が足りないというか、な。

その「場」で出来ること、その「場」でないとできないことがもっとあるはず…。

で、気になったものを、ピックアップすると…

1)名古屋市美術館

アルフレッド・ジャー 生ましめんかな

1_7
生ましめんかなって、なんじゃらほい??

黒板に「生ましめんかな」文字の映写。

う~む…。

青木淳+杉戸洋

2_7
カラフルな布をパーティションにして、明るい空間に。

何とはない作品だけど、気持ちいい♪heart04

③青木野枝

3_5
あらゆるトリエンナーレで、必ず見る作家(笑)

皆勤賞??

岡崎エリアでも、やってたなー。

藤森照信 空飛ぶ泥舟

Hujimori1
以前紹介した、2010年に茅野市美術館で開催された展覧会

空飛ぶ泥舟がありました~~~note

三年越しで、中に入れた…weep

2)納屋橋エリア 

どうやら、名和晃平作品を見落としたらしい…crying

①池田剛介 サイクルエイク

目を惹きました。

2_6

リチャード・ウィルソン Lane61

納屋橋で一番面白かったnote

昔、ボーリング場だった会場ならではの作品。

4_5

5_4

6_3
ボールじゃなく、レーンが動くとはねーcoldsweats01

3)岡崎エリア

①ゲッラ・デ・ラ・パス(アライン・ゲッラ+ネラルド・デ・ラ・パス) シークレット・ガーデン(東岡崎駅)

1_5

2_5

テキスタイル作品。

丹羽良徳 日本共産党でカール・マルクスの誕生日会をする(松本町)

1_4

建物が面白い!なんて低い天井!!

ここが、昔は居酒屋だったなんてねーnote

③オノヨーコ作品(松本町)

2_4

3_4

神社境内の木に、願い事を書いて括り付ける。

④青木野枝作品(松本町)

4_4

5_3

元美容室に、いつもの鉄輪。

岡崎シビコの上の階は、まるで廃墟…。

1_3
トリエンナーレには絶好の場所(爆)

向井山朋子+ジャン・カルマン FALLING(岡崎シビコ)

素材は、ピアノと(中日)新聞紙と灯りのみ。

2_3

3_3

4_3

5_2

6_2

7_2

8_2
ジャン・カルマンは、妻有トリエンナーレでも大活躍の作家sign01

相変わらず、すごいですねー。

この人は、ライトの使い方がいつも幻想的heart04

シビコの元レストラン街?の退廃的空間をうまく使っていますhappy02

⑥志賀理恵子 螺旋海岸(岡崎シビコ)

12_2

震災写真パネルをただひたすら並べて、迷路のよう。

バシーア・マクール Enter Ghost, Exit Ghost(岡崎シビコ)

11_2

10_2
昔あったシールで、見る角度で変わるやつ!

あれ(レンティキュラー写真というらしい)とダンボールで、街を再現。

studio velocity Wind Scape(岡崎シビコ)

13_2

14

15

すっごい眩しくて、サングラス貸出しているけど、眩しかったーbearing

やっぱり全部白に塗ったんだね…。すごい…coldsweats01

そこに、釣り糸?を縦横格子状に張り巡らせてある…。

私だったら、ある一部だけ、赤糸とかを使って

「見せる(撮影させる)」場所を作っちゃうけど、

それは、蛇足なんだろうなー(苦笑)

いやー、廻るよりもレポートを書く方が大変happy02

下のボタン、是非ポチッとお願いしますっっsign03

お付き合い頂き、ありがとうございました~happy01

あいちトリエンナーレ HP

http://aichitriennale.jp/index.html

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読んだら、ポチっと、ねー♪heart04

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

続きを読む "130821-23 あいちトリエンナーレ雑感@白川・納屋橋・岡崎エリア&130823 備忘録" »

130821-23 あいちトリエンナーレ雑感@愛知県美術館(芸文)エリア

結構大規模な展示がありましたー(ネタバレしています)♪

 

1

さてさて、

長者町エリア古川美術館に続いて、今回は愛知県美術館(以下、芸文)~heart04

芸文は、ビルの中、各階に結構大物を繰り広げていましたー♪

前回ご紹介した、古川美術館爲三郎記念館のように、

建物が特徴的というわけではなく、

大きさが制限されている「場」なので、

トリエンナーレのような「コンセプチュアルな」、

「目立つ」、「規模の大きい」作品を要求される時には、

かなりの創造性を要求されます。

そんな中で、結構、頑張っている作家さんが多かったなーnote

気になったものを、ピックアップすると…

宮本佳明 福島第一原発神社

7

8
これは、大規模でしたねー♪

タイトル通り、原発事故をモチーフにした作品。

実は、スチロールとかで、出来ていてます。

とてもそんな軽い素材で出来ているとは思えない素晴らしい出来で、

「どうやったんだろう…」と思いました。

平田五郎 Mind spaceー空中の庭園

20

これは、楽しかった~note

入場人数が制限されていて、午後に行ったら、

既に予約受付終了していた…weep

なので翌日、朝いち10時に予約して、10:20から見ましたhappy01

もう一人の方と二人だけだったので、20分位?独り占め!!

瞑想空間として、うちに欲しいなーhappy02

いやでも、集中できそう♪

「本体」に行き着くまでも、どっちに行けば…とちょっと戸惑う(苦笑)

21

肩幅ギリギリの入口・通路を体をよじりながら、上へ。

22

23

24

25

27

ちなみに、3階建てですconfident

最上階の端に開いている小さい「穴」が外界との微かなつながり…。

28

哲学的でもありますねーwink

石上純也 little gardens

これも、撮影不可…。

建築家として、活躍中の石上さん。

今回は、好きな人が多そうな(苦笑)

「ちっちゃいもん倶楽部」(ゆこもり命名)の作品。

これも、あらかじめ予約しないと、中に入って見れません。

(外からは、見られます)

う~ん、全ての作品に、花びらとか植物が入っているわけではないのには、

何かわけがあるのだろうか…。

こういうものは、あとで解説が欲しいよねー、いつも言ってるけど。

勿論、自分なりに感じることはあるけど、作家とインタラクティブでありたい。

木場(東京都現代美術館)の時みたいな「建築家」らしい作品ではありませんでした。

内藤礼っぽい(苦笑

おしゃれでしょー♪みたいなー(トゲ)bleah

コーネリア・パーカー 無限カノン

これまた、撮影不可pout

サックスとか、楽器がぶら下がっているだけだけど、

とても印象的な空間を演出していました。

音楽とかかけてなかったな…。

ソン・ドン 貧者の知恵 借権園

2

3

圧倒的物量による空間構成。

並べた机の上を歩けたり、椅子に座れたり。

以前ご紹介した土屋公雄さんや塩田千春さんも、

古材や廃材、窓、戸などを使いますね。

これは、何かそういう”流れ”があるんでしょうかねー。

⑥ヤノベケンジ サン・チャイルドなどいろいろ

10

11

12

13

今回、一番がんばったで賞happy02

行った当日、なんだか会場がワサワサしているな、と思ったら、

ヤノベさんとビートたけしが来て、撮影してましたcoldsweats01

9/29放送のBSP アートビートみたい。

なので皆さん!それまでに見に行かないと、混みますぞ~bleah

ハン・フェン 浮遊する都市2011-13

4

見栄えのする作品♪

⑧青野文昭 なおす・代用・合体・侵入・連置

5

震災関連作品。

現地のものを使い、「再生」

⑨彦坂尚嘉 木の城郭

6

「進撃のチャイナ」!!!bearing

ソ・ミンジョン ある時点の総体Ⅲ

これも、発泡スチロールの圧倒的物量。

9

そうそう!

前回、2010年には乗れなかったベロタクシー(無料)に乗りましたー♪

1_2

2_2

3_2

長者町~芸文間を20分位かな?

定年退職して、海外気まま旅が趣味という

おじ様に運転してもらいましたhappy01

4_2

ありがとうございました~happy01

あいちトリエンナーレ HP

http://aichitriennale.jp/index.html

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読んだら、ポチっと、お願いしますねー♪heart04

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

続きを読む "130821-23 あいちトリエンナーレ雑感@愛知県美術館(芸文)エリア" »

ゆこもり2013年9月の企画展はっ!!

もう忘れられたかもしれませんが…crying

 

Kayano4dm


さてさて、

ゆこもり すっかりギャラリーとして、

活動をしていないので、忘却の彼方かもしれませんが、

9/7(土)より、年末まで、怒涛の企画展再開で~~~すheart01happy02heart04heart02

ハートが一杯(笑)

2013/9/7(土)~29(日) 木、金休み←(今月だけです!!)

栢野紀文(かやの のりふみ)陶展Ⅳ Let’s enjoy colorful carnival ! 2

10:00~18:00 作家在廊日 9/7、8、28 入場無料

11年以来、四度目の個展です。

変わらずトドマルことを知らない栢野さん。

一目見たら忘れられない作品に、思わず楽しくなります。

栢野ワールドを是非ご堪能ください。

新作のイスのほか、急須、マグなどの食器、ぐいのみ、片口などの酒器、花器などが出品されます。

~栢野紀文(かやの のりふみ)~

1971 岡山県総社市生まれ

1997 岡山大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了 滋賀県陶芸の森に研修生として入る

     朝日陶芸グランプリ受賞

1998 常滑に移る 吉川正道氏のもとで勉強

2004 独立。現在、常滑にて制作

2006、2008、2011 ゆこもりにて、個展開催

全国各地にて、個展・グループ展 多数

 

つい数日前まで、窯焚きしていたそうですnoteheart02heart04

出来立て、ホヤホヤを是非っ!!

カヤノさんにも会いに来てくださいねーhappy02good

にほんブログ村 美術ブログへ

    

気になる~って方は、是非ポチッと、ねっ♪heart04heart04heart04

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター