« 130802 榮久庵(えくあん)憲司とGKの世界~鳳が翔く~@世田谷美術館(用賀)&130802 備忘録 | トップページ | 130812 メアリーブレア原画展@松本市美術館(松本市) »

130818 生誕120年 宮芳平展 ~野の花のように~@茅野市美術館&第二回清水高原アートフェスティバル(山形村)

祈りと静寂と荒々しさと

 

Miya1

Miya2

Miya3

Miya4

さてさて、

茅野市美術館の展覧会に久々に行ってきました~heart04

茅野市美術館は、この時季、

地元に根ざした作家を紹介する、いい企画展をするんですよー♪

2010年は藤森照信展、2011年は、松樹路人展、2012年は小堀四郎展

そして今年は、宮芳平展です。

宮芳平(1893-1971)さんは、

長野県諏訪で美術教師の職に就き、諏訪で35年間の教師生活を送ります。

退職後は教え子や知人から、アトリエ兼住居を贈られ、終の住処となりました。

なんていうんだろう…、

ルオーとかに通じる、「祈り」の静謐さと、

自然を題材にした、荒々しいタッチの作品と、

その時々の自画像の変遷が面白く、目を惹きましたnote

気になったものを、ピックアップすると…

①海 その2 (油彩 No.82 1959)

Umi_sono2
(WEBより転載しました)

絵の具を厚く塗り重ねて、

これでもかっ!と荒々しく海を「青」で表現している上には、

太陽の「赤」とそれを縁取る「黄」がとてもお気に入りheart04

どうも、1950年くらいに入ると(宮さん50代)、

厚塗りがメインで、モノによっては、

何が描いてあるかわからない抽象の世界になってきていました。

②椿 (油彩 No.6 1914)

Tubaki
(WEBより転載しました)

この作品は、エポックメイキングなもので、

第8回文展で落選し、審査委員の森鴎外に落ちた理由を聞きに行って、

そこから、鴎外とのご縁ができ、

鴎外も宮さんを題材に短編小説『天寵』を書いたそう。

本当に、なんで落選したんだろう…、と思える魅力的な作品lovelyheart04

この頃は、スーラチックな点描の作品が目立ちました。

③接吻などのペン画シリーズ (ペン No.151~166 1921~22頃)

とても細密lovelyheart04

また違う雰囲気で、よかったですよ♪

④自画像いろいろ (1914~1950頃)

Jigazou1914
(WEBより転載しました)

その時々で、いろんなタッチと色彩、そして、顔色!

1914年の自画像なんかは、やっと入った藝大の頃だからか、

ちょっと自信ありげな若者の生意気な感じ(笑)

1916年になると、身辺にいろいろあったのか、物憂げな感じ、

1919年のものは、赤+黄で彩色して、燃えていましたnote

1950年頃の自画像は、疲れて覇気のない感じ…。

画家さんは、結構自画像を描く人がいますが、面白いですねーhappy02

9/1までですので、是非sign03

そして、このあと、練馬区立美術館、島根県立石見美術館、新潟県立近代美術館、

安曇野市豊科近代美術館と、全国5館をめぐる巡回展です。

茅野市美術館 HP

http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2013/0802/index.htm

宮芳平展 チラシpdf

http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2013/0802/image/20130802cmoa.pdf

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読んだら、ポチっと、ねー♪heart04

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

130818 第二回清水高原アートフェスティバル(山形村)

 

001

さてさて、

山形村清水高原へ初めて行って来ましたheart04

こんなところがあったのねー。

長野は広い…。

かなり高台にあって、涼しかったです♪

基本は、別荘として、短期で滞在する人が多いみたい。

会場は、メイン会場とオープンハウスの分散型。

それぞれは…

1)アートピクニック会場

鍛金、ハンコ、イラスト、松本箒から、ジャム、

果てはロケットストーブで焼くパンケーキまで、

いろんなものがありました♪

002

004

003

Photo

005

2)オープンアトリエ 高嶋榮子(テキスタイル・現代アート)

1

2

3

スプラング技法という経糸だけで編む

3000年以上の歴史のある方法で、作品を制作している作家さん。

スプラング技法は、初めて知りました~wink

面白そうnote

3)オープンハウス 保坂邸

006

他にも行ったけど、割愛bleah

まだ、始まったばかりのせいか、

通行止めの案内の不備や、オープンハウスによっては、

やっているのか、いないのかわからないところもありましたね…。

面白い方もいたので、今後にさらに期待ですnote

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチッとしてくんなまし~~happy02

« 130802 榮久庵(えくあん)憲司とGKの世界~鳳が翔く~@世田谷美術館(用賀)&130802 備忘録 | トップページ | 130812 メアリーブレア原画展@松本市美術館(松本市) »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/52944193

この記事へのトラックバック一覧です: 130818 生誕120年 宮芳平展 ~野の花のように~@茅野市美術館&第二回清水高原アートフェスティバル(山形村):

« 130802 榮久庵(えくあん)憲司とGKの世界~鳳が翔く~@世田谷美術館(用賀)&130802 備忘録 | トップページ | 130812 メアリーブレア原画展@松本市美術館(松本市) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター