« 130601 スカイツリー観光へ♪ | トップページ | 130625 エミール・クラウスとベルギーの印象派@東京ステーションギャラリー(東京駅) »

130625 浮世絵 Floating World-珠玉の斎藤コレクション@三菱一号館美術館(有楽町)&130625 備忘録

またまた行って来ましたっ♪

 

0

5

2

さてさて、

前回の漱石展でお話した、

ブロガー内覧会に再び当たり、行ってきました~heart04

いやー、今回も写真撮影可、

しかも、接写オッケ~happy02goodby(話題の人)ローラ(爆)

なので、以下の写真は、許可を得たものです。

普通は勿論、撮影不可ですから、念のため…。

三菱一号館美術館は、実は初めて行きました!

え~って、感じですが、

ゆこもり、実は印象派は敢えては見ないんですよね…。

(三菱一号館美術館は、印象派が売りなんです)

まずは、美術館の外観♪

明治期に設計された建物を復元した重厚感!

1

そして、館内もステキ♪

3

4

そんな三菱一号館美術館が、今回は浮世絵を展示していますheart04

7

なんで、”印象派売り”の三菱一号館美術館が浮世絵かというと、

学芸員の野口さんと、

美術系ブログの巨塔 青い日記帳 中村さんとの対談で触れていたのですが、6

「印象派に影響を与えた浮世絵を

三菱一号館美術館らしく展示しよう」という趣旨だそう。

なので、三菱一号館美術館所蔵のロートレックとかボナール、ピサロと、

歌麿、春信とかが一緒に展示されていました~happy0211

12

13

展示館内には暖炉があり、

「19世紀欧米人が、浮世絵を飾っていた室内風景を

追体験するかのような展示」というのも”売り”のひとつ。14

8

そして、斎藤コレクションというのは、

元参議院議員 斎藤文夫氏が収集した浮世絵コレクション。

特徴・見どころとしては…

①喜多川歌麿 「青楼十二自 続」(寛政六年頃 1794)の十二揃いや20

鈴木春信 「風流やつし七小町」(宝暦後期 1764)の七揃いなど、

23

他にはない”揃いもの”がとても珍しい(唯一!だ)そうです。

②初代 歌川豊国 「役者地頭六玉川」(文化六年 1809)22
これは、日頃、化粧姿の歌舞伎役者が素顔で、

しかも、役者の直筆・手書きの句までという、ファンサービスのもの。

③菱川師宣 「韃靼人休息図」(元禄前期)24
新発見の作品だそうです。

④勝川春章 「東扇 初代中村富十郎の娘道成寺」(安永六年 1777)21
元々、扇にするための図案なので、扇形に線が入っていますねー。

⑤展示ケースも

普段なら陶器などを展示するものを掛け軸の展示にに流用!10

9

⑥ミュージアムショップも

モネの部屋を模して、黄色の壁に商品を展示したり、

江戸時代からの老舗の商品を置いたり、と工夫されてましたー。30

31

32

今回は、第一期の展示で、7月15日(月)まで。

第二期、7月17日(水)~8月11日(日)、

第三期、8月13日(火)~9月8日(日)。

それぞれ、150点超の計500点余りのボリュームhappy02

浮世絵と浮世絵の影響を受けた洋画とのコラボレーションを

是非楽しんでほしいですheart04heart04

三菱一号館美術館 ー浮世絵Floating Worldー HP

http://mimt.jp/ukiyoe/

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読んだら、ポチっとしてー♪heart04heart04heart04

130625 備忘録

 

さてさて、

またまた東京へheart04

今回も濃密♪

宴ーハナヤギノトキー@東急本店美術ギャラリー(渋谷)

藝大を2000年初頭に出た同期の陶・漆・金属作家のグループ展。

うちでお願いしている鍛金の坂井直樹さんの象嵌の新作が見られたnote

見に行ってよかったなーhappy02good

②Female timesⅡ@Bunkamura Gallery(渋谷)

Bunkamura1
偶然発見♪

筑波卒 遠藤章子さんのガラスがなかなかよかった♪

藝大在学中の加藤萌さん(漆)の造形は独特happy02

こういう”繋がり”、”連動”という解釈面白いっnote

Bunkamura2

渡邉貴子展 Takako watanabe Exhibition@新生堂(南青山)

以前から、拝見したり、来店したりしてもらっている作家さん。

久々に作品を見たら、特に器がいいnotehappy02

Watanabe1

Watanabe2

Watanabe3

Watanabe4

サモン・タカハシ展@スパイラル(表参道)

うーん…。

作品が少なかったので、なんとも…。

1_2

2_2

3_2

トーマス・バイルレ(Thomas Bayrle)展@エスパス・ルイ・ヴィトン(表参道)

いつも不思議な展覧会

表参道のビルの最上階のガラス張りの見晴し最高な展示室でしていますhappy02

素晴らしい冊子も頂けて、お金かかってます…coldsweats01

1_7

2_5

アウディのワイパーが、指揮者のように動きますhappy01

3_3

4_2
ほんとに、車が好きなんですねー♪

片山亜紀 展@サボア・ヴィーブル(六本木)

久々のサボアさんnote

相変わらず、道に迷った…(苦笑)

しかも、六本木一丁目駅の出口が分からないという…(爆)

ほんと、六本木は嫌いっっ!!!

三か月のアメリカ留学後の新境地を拝見出来て、よかった~~heart04heart04

宮永愛子展「house」@ミズマ・アートギャラリー(市ヶ谷)

いろんなカタチを模ったナフタレンを樹脂に封入する作家さん。

初ミズマ・アートさん。

駐車場の上とは、なるほどー。

1_5

2_4

田中雅樹 ガラス展 カタチノコト@日向堂(江戸川橋)

DMを出先で見つけて、行ってみたら、

DMの地図が分かりづらく、また迷う(爆)

しかも、電話も書いてないっっ!!

思わず、着いてすぐ、オーナーに苦情(苦笑)

作品自体は、なかなか面白かったnote

富山ガラスだったり、千葉・二間塚だったり、

なんだか共通項もあって、不思議heart04

⑨田中遼馬さんの苔色工房へ(北池袋)

以前、ZA GALLERY 文京さんのグループ展に伺い、

今回、ご案内を頂いたので、行ってみました。

優しい感じの作品たち。

作家さんも、お優しそう♪

洋ナシ好きなのねー(笑)

1_3

2_3

エミール・クラウスとベルギーの印象派展@東京ステーションギャラリー(東京駅)

これは後ほど…。

とてもとても、よかった…lovelyheart04heart04

浮世絵 Floating World-珠玉の斎藤コレクション@三菱一号館美術館(有楽町)

上記のとおり。

夕飯は、以前も紹介した新宿西口 しんぱち食堂へ♪

鮭ハラス定食おいしかった~heart04

夜9時くらいだというのに満員で、

ひっきりなしに人が出入りする盛況ぶり!

そして、いつの間にか…、

新しい西口バスターミナル待合室が出来ていたー!!

1_4

ブログを書くのが一苦労なくらい、今回もギッシリ充実heart04

ふくらはぎパンパンwobbly

にほんブログ村 美術ブログへ

    

いつも、道に迷います…bleahheart04

« 130601 スカイツリー観光へ♪ | トップページ | 130625 エミール・クラウスとベルギーの印象派@東京ステーションギャラリー(東京駅) »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/52190196

この記事へのトラックバック一覧です: 130625 浮世絵 Floating World-珠玉の斎藤コレクション@三菱一号館美術館(有楽町)&130625 備忘録:

« 130601 スカイツリー観光へ♪ | トップページ | 130625 エミール・クラウスとベルギーの印象派@東京ステーションギャラリー(東京駅) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター