« ウエダキヨアキ展Ⅲ 「いろんなカタチ」 作品紹介 その2 | トップページ | ウエダキヨアキ展Ⅲ 「いろんなカタチ」 展覧会風景 »

130423 柳宗悦展 -暮らしへの眼差し-@松本市美術館+京都造形芸大甲信越会作品展

素晴らしい展覧会でしたー♪

Kikaku181

001

2

3

4

 

さてさて、

クラフトフェア松本 工芸の五月関連企画として

今年の松本市美術館は、柳宗悦ですっ!

とうとう、民藝の大御所、総本山が来ましたねーhappy01

ここのところ、この時季は、民藝に関連することなので、

来年は、バーナード・リーチとか、河井寛次郎だったら、いいなーheart04

と、軽~く希望を述べておきましょう(笑)

ちなみに、この展覧会は、柳の没後50年にあたる2011年から

順次巡回していて、松本は6/9までhappy01

次回、滋賀県立近代美術館で最後になります。

さて、前置きは、このくらいにして…、

いやー、よかった…heart04

民藝というものをご存じない方は勿論、

日本民芸館に行ったことのある方でも、見に行って欲しい展覧会ですhappy01

というのも、今回の展示物は、日本民芸館からのものがほとんどなのですが、

民芸館で見ると、作品が馴染み過ぎるので、ややもすると、見逃してしまうところを

ホワイトキューブ(白い空間)に再構成して、展示することで、

一点一点がしっかり主張して来るんです。

なるほど、展示環境というものは、こういうふうにも作用することもあるのかと、

あくまで私感ですが、ちょっと勉強になった次第です。

それと柳は、民藝という「切り口」の創始者というイメージでしたが、

そもそもは、宗教哲学家だったんですねーhappy01

晩年に作った心偈(こころうた:短文の句)に

「今 見ヨ イツ 見ルモ」という句があります。

展示の最初に、飾られているのですが、思わず、グッと来ました。

どこかの塾講師の「今でしょ!」ではありませんが(苦笑)、

「今」、「この瞬間」を大切にということですね。

こういう言葉の端々に、仏教の影響が見受けられます。

「作家は作物でこの世を美しくしてゆくが、私は別の道でこの世を美しくしたいと思う」

この言葉は、展示室では見受けられなかったのですが、図録に載っていて、

「あー…、心を一にする先人がここにも居た…」と、言葉を噛みしめましたheart04

時々、このブログでも書くのですが、

発信する人がいても、それを受け取る人がいなければ、何事も成り立たないんです。

例えば、今回の企画展だって、いくらウエダさんが素晴らしい作品を作ってきても、

それを楽しんだり、手に取ってくださる方がいなければ、ないのとおんなじ。

民藝というものを見つけだし、提案した柳ならではの言葉だと思いました。

ちょっと、哲学めいてしまいましたが、

作品自体や展示の仕方も面白かったですhappy01heart04

例えば、一角に、旧柳邸の応接室を再現して、

皿などの器だけでなく、机や椅子、箪笥まで設えてありましたhappy01

作品で言うと、

①木喰仏 地蔵菩薩像(1801)

思わず、手を合わせてしまう、尊さがありました…。

Kikaku186

②染付辰砂鯉型水滴(朝鮮 19C後半)

ふっくらとして、飛び跳ねている感じが素晴らしかったです♪

③信楽焼締黒釉流茶壺(18C)

今の作家さんが作ったと思えるくらい斬新な作品!

黒釉の流れの綺麗さがたまりません…lovely

④河井寛次郎 練上手茶碗(1932)

寛次郎が、練上??

私は、初見でしたー。珍しいと思いますよー♪

⑤垢取り(沖縄糸満:20C)

木製で、ちりとりのような形。

小舟にたまった海水をかき出すためのものだそう。

何とも言えない、手作りのいいカタチheart04

まだまだあって、紹介しきれませんが、今日はこれくらいで。

6/9までですので、是非ぜひ、見に行ってくださいねー♪♫heart04

松本市美術館 HP

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/artmuse/p3/p3-html/p3-kikaku18.htm

にほんブログ村 美術ブログへ

    

よかったら、ポチっとお願いしますheart04heart04heart04

第7回 京都造形芸大甲信越会作品展

1

 

さてさて、

柳宗悦展を見に行ったら、やっていましたhappy01

京都造形芸術大は、通信教育もやっている意欲的な大学heart04

最近では、市川さんも、劇場の支配人になりましたね。

各支部の中でも、陶磁器、洋画、日本画、染織と

各ジャンルが集うことは、珍しいそうです。

私が気になった作品は…

①田中雅美 UNA CIUDAD

Photo

釉をマスキングで施しているんでしょうけど、絶妙にデザインして、面白い作品でしたっ!

②林秀行 教授 (作品名忘れました…)

Photo_2

80近い先生だからか、前衛的だけど、どこか枯れている絶妙な作品♪

右の作品は、何故か銅版画家の「南桂子」作品を思い出しましたhappy01

③さとう友香 無題

Photo_3

遠くから見ると、舟のような…。

近くに寄ると…、シールを使っていましたーhappy01

Photo_4

こないだ、とある番組で、よくあるただの丸い色とりどりのシールで、

夜景を描いている作家さんがいましたが、根気のいる仕事ですねー。

吉野剛広 もしもしも

Photo_5

一応ジャンルは、洋画でしたが、もう彫刻ですね。

この作家さんは、平面も面白かったです♪

タイトル 火山

Photo_6

面白い作品を見れてラッキーでしたhappy01

28日まで、開催してますよーheart04

にほんブログ村 美術ブログへ

    

よかったら、ポチっとお願いしますheart04heart04heart04

« ウエダキヨアキ展Ⅲ 「いろんなカタチ」 作品紹介 その2 | トップページ | ウエダキヨアキ展Ⅲ 「いろんなカタチ」 展覧会風景 »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/51348164

この記事へのトラックバック一覧です: 130423 柳宗悦展 -暮らしへの眼差し-@松本市美術館+京都造形芸大甲信越会作品展:

« ウエダキヨアキ展Ⅲ 「いろんなカタチ」 作品紹介 その2 | トップページ | ウエダキヨアキ展Ⅲ 「いろんなカタチ」 展覧会風景 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター