« 130323 茶道具の美@静嘉堂文庫美術館(世田谷) | トップページ | 130323 所蔵作品展 「MOMATコレクション」@東京国立近代美術館(竹橋) »

130323 所蔵作品展 花咲く工芸@東京国立近代美術館工芸館(竹橋)

5/6までですよー♪

 

3_4

2_2

4_2

さてさて、

またまた桜の名所にほど近い

東京国立近代美術館工芸館に行ってきました♪

桜満開の土曜日ということで、道も工芸館内もすっごい人!!

タイトルにふさわしく、折しもちょうど桜が見頃だったので、

1_2

器も百花繚乱lovely

前回も、ブログで紹介しましたが、

今回も、音丸耕堂さんが良かったナー。

堆漆木瓜香炉 乾漆盆付(1979)

四面の縞はもしかして、すべて堆漆なの??

すっごい、技術…。時間かかるだろうなー。

彫漆茶入(1964)

なんと言えばいいか…。

彫りが立体的なんです!!

これは是非、見て欲しいな~happy02

~141129 追記~

朝日デジタル「彫漆紫陽花茶器」 音丸耕堂 どこに咲いているのか

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11260944.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11260944

そして、初めて知ったのですが、

截金(きりかね)の斎田梅亭(さいた ばいてい)

截金の分野で初めて、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された方の

截金菱花文飾筥(1979)

截金って、キレイだなーと、つくづく思いましたheart02

そして、今回、初めて見てよかったのが、

ガラスの石井康治さん!!

花影(1992) よかった…crying

20080226_1

残念ながら、50歳でなくなってしまっている作家さん。

以前、うちに来て下さるコレクターの方が、

とても褒めているのを何度か聞いてはいましたが、本当にいい!!

花が散って流れていく様が、儚く表現されていましたー。

そして、今回のタイトルらしかったのが、

13代今泉今右衛門の色鍋島薄墨草花文鉢(1978)と色鍋島薄墨石竹文鉢(1982)。

花の意匠がキレイでしたhappy01heart04

前期は、4/14まで。一部展示替えがあって、後期が5/6までです。

是非ぜひ、見に行ってみてくださいねーheart04

東京国立近代美術館工芸館 HP

http://www.momat.go.jp/CG/flower2013/index.html#outline

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ぜひポチっと、お願いしますheart04heart04heart04

« 130323 茶道具の美@静嘉堂文庫美術館(世田谷) | トップページ | 130323 所蔵作品展 「MOMATコレクション」@東京国立近代美術館(竹橋) »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/50948229

この記事へのトラックバック一覧です: 130323 所蔵作品展 花咲く工芸@東京国立近代美術館工芸館(竹橋):

« 130323 茶道具の美@静嘉堂文庫美術館(世田谷) | トップページ | 130323 所蔵作品展 「MOMATコレクション」@東京国立近代美術館(竹橋) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター