« 130323 所蔵作品展 「MOMATコレクション」@東京国立近代美術館(竹橋) | トップページ | 130323 アートフェア東京2013@東京国際フォーラム(有楽町)&130323 備忘録 »

130323 三輪壽雪・休雪― 破格の創造展@智美術館(虎ノ門)

本当に、本当に素晴らしいです…ㇵァ♪

 

1

2

ポスターの写真は、当代・休雪さんの作品です。

3

さてさて、

やっと!!三輪壽雪さんの展覧会に行けました~~~

(すみません、当代の休雪さんは、今回触れません…)

以前も、当ブログで、触れましたが、

壽雪さんは、大大大大大好きな作家さん!!!♪♫heart04lovelyheart04heart04♫♪

(ちょっと、うざいテンションかもしれませんが、すみません…)

今回は、たった七点(うち一点は書)だったのですが、

それでも、1000円払ってでも、わざわざでも、

行った甲斐は十二分にありました~~heart04heart04heart04heart04heart04

まずは、三輪壽雪さんのプロフィールのご紹介から。

1910年生まれ。

15歳年上のお兄さんが、十代休雪さん。(のち、休和さん)

31歳の時、二週間余り、川喜田半泥子に弟子入り。

45歳から、陶号「休」を款し、自作を発表し始める。

47歳で、日本伝統工芸展で初入賞。

(55歳 ①制作)

57歳 十一代休雪を襲名。

(59歳 ②制作)

73歳 「萩焼」重要無形文化財(人間国宝)に認定。

75歳 「鬼萩」を日本伝統工芸展にて、初めて発表。

80歳 傘寿記念個展開催。

(87歳 ③制作)

88歳 米寿記念個展開催。

90歳 卒寿記念個展開催。

93歳 十二代に休雪を譲り、壽雪と名乗る。(⑤制作)

96歳 回顧展開催。(④⑥制作)

2012没 享年102歳。 

100歳近くまで、作陶して、出品されていたんですよっ!!

すごいっっ!!!

ではでは、陶六点を順に、触れていきますねっ!

①白萩手桶花入(1965)

Shuumatsu_pict_060726_05

撮影:竹本春二

これは、ゆこもりの人生にとても影響のある作品のひとつです…。

私には珍しく、写しまで、作ったことがあります(恥ずかしい…coldsweats01)。

見たのは、これで三度目かな?

毎回、新しい発見のある作品です。

今回感じたこと…

1)向かって右側面壁の荒々しさ!

いつも感じてはいましたが、写真でも垣間見れるんですけど、

右の上部に釉薬がうまくかかっていない所があるでしょ?

これは、ぶった切り方が荒々しく、少し切込みが入っているからなんです!

その勢いは、下にまで行っていて、土台に切込みが食い込んでいます。

これは、日本刀のようなもので、ぶった切ったんではないか、と。

右側面は、ザラザラしていて、釉がきれいにのってないんです。

2)左側面壁は、柔らかい感じ

右に比べて、釉薬もしっかりとかかり、どこか落ち着いている感じがします。

3)正面から見ると、全体がかなり右に湾曲している。

これが、絶妙な曲がり具合なんですよー♪

4)手桶の内側を削いでいる。

ここだけ、なぜか削って、凹みがあるんです。

勿論、軽くするということもあったでしょうが、

逆に、手の部分が、ヘタる可能性はなかったのでしょうか?

5)胴体部分の裏側に、横方向に指跡がある。

胴部分は、ろくろなのか??いやっ…。(誰か教えてっ!!)

写真は、左側からなので、柔らかい感じを受けますけど、

右からだと、違う印象になりますよー。

なんだか、剛柔相併せ持つ、興福寺の阿修羅像みたい!と思いましたhappy02

本当に、これだけで、ご飯五杯はいけますね(笑)

②紅萩菱形水指 銘花篝(はなかがり)(1969)

Photo

これは、休雪襲名後の作品。

掛け分けがかっこいい♪

カタチも格好良く、なんていうか…、とにかく圧倒されました…。

③白萩灰被花入 銘猛虎(1997)

Photo_2
撮影:竹本春二

これが、87歳での作品ですよー♪

結構、大きいんです。

ほのかな桃色がステキlovely

”猛虎”っていう割に、柔らかく感じるのは、私だけ??

④鬼萩割高台茶碗(2006)

Photo_3
撮影:竹本春二

そもそもの鬼萩手とは、大道土、金峯土、見島土などの原土から、

精製した素地土に、途中で取り除いた砂礫を混ぜた、

粗い砂目の素地土で作った萩焼のこと。

ただ、壽雪さんは、さらなる土のザラザラ感のために、すっごい量の粗砂を入れ、

「休雪白」の縮れた釉とのコントラストを際立たせ、

十字割れさせたでかい割高台をつけるという、”暴挙”に出た訳ですねーheart04

これを、70すぎから、チャレンジしちゃうんですから、ホントすごい…。

展示では必ず、高台の写真も掲示されています♪

よくある展示のように、鏡で見せるのをやればいいのになー。

鬼萩花冠高台茶碗 銘命の開花(2003)

Photo_4

この高台は、タイトルの通り、花弁のような、クローバーの葉っぱのようなカタチ♪

ちょっと奥まったところに展示されていたのが、残念…。

茶碗は、大きくないから、なるべく見やすくしてほしいですよね…。

⑥鬼萩窯変割高台茶碗(2006)

Photo_5

これは、地階に降りてすぐに出迎えてくれる茶碗♪

とても、96歳で制作したとは思えない大きさ、豪快さ!!heart04heart04heart04

高台が、二層に見えるのは、そういうふうに作ったからなのかな…。

以上、一時間余り見ましたが、①の前で、30分くらい居たかも…heart04heart04heart04

3/31(日)までです。

本当に、見て欲しいです…。

智美術館 HP

http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html

~個人的メモ~

壽雪さんの作品の画像を集めた、素晴らしいサイトがあった♪

やっぱり、ファンはこうするよねーheart04

http://gensun.org/wid/1042910

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ぜひポチっと、お願いしますheart04heart04heart04

« 130323 所蔵作品展 「MOMATコレクション」@東京国立近代美術館(竹橋) | トップページ | 130323 アートフェア東京2013@東京国際フォーラム(有楽町)&130323 備忘録 »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/50963607

この記事へのトラックバック一覧です: 130323 三輪壽雪・休雪― 破格の創造展@智美術館(虎ノ門):

« 130323 所蔵作品展 「MOMATコレクション」@東京国立近代美術館(竹橋) | トップページ | 130323 アートフェア東京2013@東京国際フォーラム(有楽町)&130323 備忘録 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター