« 土屋公雄展 -夢のあとに/交差する時間-@福井県立美術館(福井) | トップページ | 舟越桂2012 永遠をみるひと@メナード美術館(愛知・小牧) »

いのちの煌めき 田渕俊夫展@富山県水墨美術館(富山)

23日まででしたが…

 

Tabuchi1

Tabuchi2

 

さてさて、

今回は、富山の展覧会ですhappy01

富山県水墨美術館の田渕俊夫展です。

田渕俊夫さんは、

1941年東京生まれの日本画家です。

1961年藝大に入学、1965年卒後、大学院では、岩橋英遠教室。

1967年ナイジェリアに10か月、そのあとイタリアを回ります。

1970年には、平山郁夫に師事、愛知県芸で、片岡球子教授の元、助手に。

1984年愛知県芸助教授、1985年には藝大の助教授、1987年愛知県芸教授、

1990年千葉土気に転居し、1995年藝大教授就任。

その後、藝大副学長、名誉教授などを、歴任されています。

今回は、東日本大震災を目の当たりにして描いた”煌ⅠⅡ”(2012)が、

横10mはある水墨の大作で、”煌Ⅰ”は、風神雷神をイメージしたとのこと。

Tabuchikirameki1

確かに、雷のようにも、川の流れのようにも見えました。

20代半ばに描いた”神々とオスラ”(1969)は、青銅色がキレイだった♪

1970年代になると、画風が結構変わって、

現在の方向性の確立期なのかな、

”やまはぜの頃”(1974・今治市大三島美術館蔵)は、

緑、銀に薄く金で彩色して、渋かったし、

”流転”(1982・成川美術館蔵)は、すすきを四季に渡って写生し、

一つの画面に収めた”すすきの一生”を表現して、芸術院の大賞を受賞。

すすきの一生っていうのが、面白いし、色彩も様々に表現できるからいいですよねheart04heart04

私のお気に入りは、もうひとつの”流転”(1983・成川美術館蔵)で、

これは、あさがおがモチーフ。紫を金銀で挟んだ彩色が、とても綺麗でした♪heart04

他には、”天山”(1992・成川美術館蔵)は、構図が面白く、

上半分が青色の山々、下がまるでイナズマのように川を描いてありました。

Tabuchitenzan

(天山:富山県水墨美術館より転載)

”爛漫”(2003・今治市大三島美術館蔵)も水墨というより、

まるでキラキラ銀彩の様で、よかったですねー。

(こう見ると、成川美術館と今治市大三島美術館のものばかりだ)

田渕さんの作品の面白い所は、

下書きというか素描というか、線を奥に見せたまま、彩色したところを前面に見せる遠近法♪

絵によっては、彩色をもやのようにしてたり。

でも、もちろん、(当たり前だけど)描きかけには見えないんです。

線と色彩が絶妙なんですよー。

あと、”大地悠久 洛陽黄河”や”濃尾三川”、”黒部S字峡”など、

結構、航空写真みたいな構図があって、実際、写真も使っているみたい。

技法を含めて、いろいろと楽しめました♪

富山県水墨美術館は終わってしまいましたが、

10月6日(土)~11月25日(日)に福島県立美術館を巡回しますので、よかったら是非♪heart04

富山県水墨美術館 HP

http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/exh_1204.htm

巡回先、松濤美術館での感想が載ってました

http://cardiac.exblog.jp/18416020/

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読み終えたらついでにポチっと、お願いしますheart04

« 土屋公雄展 -夢のあとに/交差する時間-@福井県立美術館(福井) | トップページ | 舟越桂2012 永遠をみるひと@メナード美術館(愛知・小牧) »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/47189036

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの煌めき 田渕俊夫展@富山県水墨美術館(富山):

» ファン魅了、初の週末にぎわう 相国寺・金閣・銀閣名宝展 [ローカルニュースの旅]
県水墨美術館で開かれている「日本のこころ 大本山相国寺・金閣・銀閣名宝展」は13日、初の週末を迎え、多くの美術ファンでにぎわった。狩野派や長谷川等伯の力強いびょうぶ絵、国宝の天目茶碗など、室町~江戸時代の絵画と茶道具68点を展示。来場者は名品の数々を味わいながら「本物の迫力は違う」「美の歴史が分かるね」などと語り合い、画僧や絵師が活躍した時代に思いをはせていた。前期展は11月4日まで。... [続きを読む]

« 土屋公雄展 -夢のあとに/交差する時間-@福井県立美術館(福井) | トップページ | 舟越桂2012 永遠をみるひと@メナード美術館(愛知・小牧) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター