« MINO CERAMICS NOW 2012 @岐阜県現代陶芸美術館 | トップページ | 越後妻有トリエンナーレ2012~松代その1・川西エリア~ »

孤高の画家 田中一村展@石川県立美術館(金沢)

本当に見れてよかった…(しみじみ)

 

120826_isson

 

さてさて、

今回は、残念ながら、先日終了してしまった展覧会ですhappy01

私も最近やっていることを知って、

ちょうど用事があったので、最終日にどうにか行ってきました。

石川県立美術館の孤高の画家 田中一村展です。

田中一村は、タイトルの通り、孤高だったよう。

一生独身で、日展や院展にも落選、個展もしなかったそうです。

また、50歳から奄美大島で制作活動をしていたことから、

”日本のゴーギャン”とも。

数年前、日曜美術館で取り上げられ、脚光を浴び、

巡回展も開催されました。

当時、一村のことを母がとても気に入っていたことをふと思い出しました。

今回の金沢ではさらに、一村が石川県と所縁が出来た

”和らぎの郷(宝達志水町)”の薬草図天井画四十九枚も修復後、初公開。

今展覧会は、このお披露目の意味もあるようです。

それにしても……、

本当に、本当に、見に行けて良かったです…。

最終日ということもあり、開館時間から熱心な方々が結構来館。

点数は、90点ほどだったのですが、

優に2時間、堪能しました~♪

メインの薬草図は、特別スペースを設けて、

実際に天井画として、再現展示♪

(見上げて、首が疲れた(苦笑))

薬草図は、S29~30年にかけて制作したそうですが、

”ギシギシ”や”オケラ”、”ハラン”、”アカネ”、”セキリョウ”、”ヒトハ”は、

後の奄美時代の一村を感じさせるような葉っぱの雰囲気でした。

個人的には、一列四行目の”ヨモギ”が、

葉の緑の濃淡が繊細、絶妙で好きでしたheart04

二列二行目の”オケラ”もよかったなー。

痛みがかなり激しかったようで、四行四列目の”スイカズラ”が、

修復後とはいえ、無残な跡がありました。

企画展中、8歳のころに描いた”白梅図”が一番若い頃のものなのですが、

思わず、えっ!!って思う完成度の高さでした。

地元では神童と言われていたのは、至極納得です。

15歳のころ描いた”雪中南天図”は、

金地に雪の白、南天の赤と緑が、本当に、素敵でした♪

お父さんが仏師(絵描き?)ということもあるでしょうが、

やはり天才だったのでしょうねー。

でも、藝大に入ってすぐ、自身の病気など(諸説あり)で、中退。

同期には、東山魁夷などがいたそう。

ここから、(傍から見ると)不遇の絵描き人生が始まったのかも。

一村が若い頃の南画時代の絵の中には、賛(漢詩など)があって、

そんなに字が上手には見えませんでしたが、好きだったのかもしれません。

この時代の”蘇鉄と躑躅”のソテツの葉は、やはり一村ぽかったです。

なんていうか、葉っぱの緑色の表現が、

ベタ塗とグラデーションとその濃淡の感じが一村ぽいんです。

私は、そこにルソーも想起するんですよねー、はい。

で、23歳の頃から、新たな画風に挑戦し、

そのために支援者と断絶したりしながら、邁進。

30歳で、20歳の頃から訪れていた千葉寺のある

千葉市千葉寺町に家を建て、移住。

今回、結構、千葉寺の風景画が展示されていました。

この時期、自給生活で、鳥を多く飼ったそうなのですが、

実際、鳥は好きだったのか、モチーフとして多く登場していました。

数えてみたら、90弱の作品中、18点に鳥が描かれていましたよ。

S10年代に描かれた”秋色”二点は、

とてもカラフルで、このスカーフが欲しい♪と思ったら、

似た構図のもので、実際に商品化されていました(笑)

この”秋色”の額の色も、絵の色にマッチしていて、絵が引き立っていました。

そして、40歳の頃の作品”秋晴”。

二曲一双の屏風で、金地に千葉寺の風景が描かれているのですが、

とても、とても素晴らしかった―♪

金地が、夕暮れのグラデーションを醸し出し、やはり鶏がいて、古民家がある。

なんとはない田舎の風景なのですが、とても和みました。

でも、この絵で、青龍社展に落選し、主宰の川端龍子と衝突したそうです。

うーん、龍子はこの絵が気に入らなかったのか~。不思議。

S20年代に描いた”忍冬に尾長鳥”は、とても手の込んだ構図で、

羽の色のグラデーションが素敵でした♪

一村は、蕪村や木米が好きだったそうで、

山水画も数点、展示されていました。

S30年作”ずしの花”は、ずしが前面に大きく描かれ、

後方に、山や雲があるという面白い構図で、小品でしたが、よかったー。

S30年作”平潮”は、やはり小品でしたが、

水面の表現がとても綺麗で、素敵でした。

で、S33年、一村50歳にして、奄美大島へ。

奄美では”5年働いて、3年描き、2年働いて、千葉での個展の費用を作る”という

画業10年計画を立てて、日給450円の大島紬の色付けの仕事を

ほんとに5年働いて辞め、画業に専念、”アダンと小舟”もこの頃制作しました。

奄美時代の作品で、よかったのは、

”アダンと小舟”と”不喰芋と蘇鉄”、

それと”枇榔樹の森に浅葱斑蝶”でしたー♪

”アダンと小舟”は、画面全体にキラキラしていて、

画面一番下の砂礫の細やかさがすごく、白黒キラキラ。

その上に、波がこれまた、本当に細やかに描写され、

前面にある木の枝の陰影、葉の形状の伸びやかさと曲線美と

緑色のどこひとつとっても同じ色のない描写…。

空は、まるで太陰大極図のように、夕雲の黒の暗さと晴れている空の光…。

一村が、「この絵は死の命を削った絵で閻魔大王えの土産品」と

知人宛の手紙に記した通り、鬼気が迫る渾身の作品でした…。

皆が、魅了されるのも納得ですねー。

”不喰芋と蘇鉄”は、THE南国(笑)

やはり、もう一枚の「閻魔大王えの土産品」です。

”枇榔樹の森に浅葱斑蝶”は、

葉の色の表現を、白黒の濃淡のみでしていて、圧巻!!

以上、気になった作品を書き綴ってみましたが、

最終日ということもあり、既に図録は完売…。

絵と対峙するのには、やはり体力がいる…と実感した展覧会でした。

皆さんもいつか是非、一村の気迫を感じてみてください。

 

Photo_3

石川県立美術館 HP

http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/event/9event.html

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読み終えたらついでにポチっと、お願いしますheart04

120825-26 自分のための備忘録

 

120825_itoigawacraft2

 

8/25 朝一で、糸魚川クラフトフェア@道の駅マリンドーム能生

70名参加のまあまあの規模のクラフトフェア

面白い作家さんに会えたっ!!

1)桜井ケンイチ(陶)

とても雰囲気のある作品を作る作家さん。

メルヘンチックなネコが出てきたりする、煉瓦積のオブジェと

萩で修業しただけある、

でも、桜井さん独自の世界観のあるしっかりとした器。

同い年ということで、シンパシーを感じた(笑)

さらなるご縁があればいいなー♪

2)山中漆器 ぬしやの要明堂

作風が、チャレンジ精神に溢れていたので、

若い作家さんかと思いきや、60代の職人さん!!

でも、お話しすると、やはり心が若い。

詳細は内緒♪だが、キラキラした漆が

その塗った躯体の選び方とともに斬新すぎたー。

すごい…。素晴らしい。

3)斉藤寛 Lamp Work

バーナーワークで、ボロシリケイトガラスを使って、

ペンダントトップなどを制作。

封入してあるモザイクが、とても綺麗だったなー。

作り方を聞いたが、やはり実際に見ないとわからない…。

孤高の画家 田中一村展@石川県立美術館(金沢)

上記のとおり、つくづく行ってよかった…heart04

一村展の詳細は、以下のブログに書いてあった。

http://tadekuu-mushi.jugem.jp/?eid=100

http://bluediary2.jugem.jp/?page=69&cid=1

「工芸未来派」展@金沢21C美術館(石川)

120826_kougeimiraiha

北村辰夫さんの作品群を見られたのが、収穫heart04

やはり、すごいわー。

ほとんどが、個人蔵かどこぞのコレクションなので、

こういう展覧会でもないと、

”聖杯”とか”更紗蒔絵十字架”なんてみられそうもない。

どちらも、以前TVで拝見したが、思ったほど小さくはなかった。

あと、卵の殻を用いた

”卵殻線紋四方小箱”と”卵殻家形小箱”の

白色と卵の”ヒビ”がキレイだった。

緑色の”唐草紋卵殻小箱”も

何とも可愛くて、チャーミングだったなー。

あと、大樋年雄さんが、よかった。

ハワイやコロラドなどアメリカ各地や、

北京、景徳鎮、宜興など中国各地の土を使って、

抹茶碗を九つ展示してあった。

ただそれだけ(つまり、シンプル)なのだが、

他のもっと目立つ作家作品より、

存在感があった気がする。

派手で、いかにも芸術的な作品が、

”響く”とは限らないということ。

いろいろと考えさせられることだと思った。

個人的には、

”紫砂白楽茶碗 宜興の土”の

白釉と、その下から覗く宜興の土の地の黒が、

とってもかっこよかったなー♪

コレクション展ーソンエリュミエール@金沢21C美術館(石川)

120826_collection

120826_collection2_2

草間さんの展示が、

一部屋丸ごとを使って、展示してあった。

暗い中に、日常品がどこかの部屋の再現のように

雑然と置いてある中、

蛍光色のいろんな色の水玉が浮いている空間。

可笑しかったのは、

多分、その時放送中の番組が

展示してあるTVから流れていたのだが、

それが、ブラマヨで、小杉がいつものように突っ込んでいた(笑)

なんとも、シュールというか、不思議な感じだったheart04

薄井歩陶展@musee(金沢)

初めて見た。

海洋生物のような独特な肌質が、すごい。

気持ち悪い(笑)

つまり、印象的♪

この凝り様は、なかなかだわー。

出和さんが居たのに、気が付かず、失礼なことをした…。

あとで、点さんで会って、言われてビックリ。

横山翔平個展@ギャラリー点(金沢)

120826_yokoyama1

120826_yokoyama2

以前、うちの展覧会を見に来てくれた作家さん。

意欲的な大きな作品が多く、すごかった。

どうなっていくのかたのしみ♪

KOGEI まつきち(金沢)

ギャラリー点さんが教えてくれたので、行って見た。

21C美術館で見たばかりの桑田さんの作品があり、

お店の人が、桑田さんの制作方法について、教えてくれた。

岸本耕平ガラス展@ギャラリー颯(金沢)

120826

21Cで、DMを見つけて初めて訪問。

金沢の高台にある、高級そうな閑静な住宅街の

ご自宅?の一角で、やっていた。

こういう時は、ナビがあるととても便利♪

迷わずに行けたーheart04

岸本さんの作品は、たぶん初めて拝見♪

DMで見て予想以上の作品で、嬉しかったheart04

早速、おうちで、ヨウシュヤマゴボウを生けてみた♪

胴体のアースカラーと金箔の縁取りが絶妙♪♪

オーナーさん曰く、元々平面を勉強された方だそうで、

まだ、20代とのこと!楽しみっ!!

第七ギョーザ(金沢)

午後3時過ぎに行ったら、結構空いていてビックリ。

いつもなら、日曜の午後、夕方前でも一杯なはず。

後で聞いたら、

日テレの24時間~のイベントのためでは?とのこと。

そんなに、影響あるのかな??

今回は、弟を連れていたので、かなりセーブして回った。

本当は、水墨美術館の田渕俊夫展にも行きたかった…。

それにしても、金沢は、ほんといい作家さんが居る。

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと~ね~heart04

 

« MINO CERAMICS NOW 2012 @岐阜県現代陶芸美術館 | トップページ | 越後妻有トリエンナーレ2012~松代その1・川西エリア~ »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/46841717

この記事へのトラックバック一覧です: 孤高の画家 田中一村展@石川県立美術館(金沢):

« MINO CERAMICS NOW 2012 @岐阜県現代陶芸美術館 | トップページ | 越後妻有トリエンナーレ2012~松代その1・川西エリア~ »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター