« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

今年もありがとうございました~~~!!

これにて、しばらくお休みです♪

1112251

 

さてさて、

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011

終了しました~

そして、これにて、ゆこもりは、

しばらくの間、お休みとなりますhappy01

今年も、ご愛顧頂き、

本当にありがとうございました~heart04

お陰様で、今年も無事開廊できました。

それでは皆様!

よいお年をお迎えくださいませm(_ _)m

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

今年最後のポチっと、お願いしまっすっっheart04

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011 作品紹介その5

今週末、23、24、25日開廊で終わりですよー♪

1112181

1112182

1112183

 

さてさて、

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011

とうとう、今週末までですー。

23日は祝日なので、開けますよー♪

作品紹介つづきですhappy01

冬ですが、

この時季って、ガラスものも似合いますよね…happy01

グラス類から、皿、鉢、飾り物、置物、花器など、

いろいろ取り揃えてありますよ~heart04

勿論、陶磁器・木工・金属・漆…もあります♪

これで、当分の間、お休みさせて頂きますm(_ _)m

まだ来てない方!、

是非、お越しくださいねー!!

そして、、

松本経済新聞さんに取材して頂きました~heart04

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1048/

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくださいねっっheart04

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011 作品紹介その4

今週末、17、18日開廊ですよー♪

1112161

1112162_2

1112163

1112164

さてさて、

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011

作品紹介つづきですhappy01

木のお皿やブローチ、陶の一輪挿し、ガラスの置物…happy01

干支もいろいろ待っていますよーheart04

是非、お越しくださいねー!!

そして、、

松本経済新聞さんに取材して頂きました~heart04

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1048/

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくださいねっっheart04

111206 所蔵作品展 人間国宝と近代工芸の名品@国立近代美術館工芸館(竹橋・九段下)

来年の1月29日までですよー♪

 

1112062

 

さてさて、

ゆこもりオススメの

国立近代美術館工芸館にて、

所蔵作品展 人間国宝と近代工芸の名品が、

来年の1/29までやっていますheart04

工芸館ならではの

工芸館でしか出来ない展覧会です♪

工芸館所蔵の約3,000点から

近代工芸の名品を厳選して、

その素材と表現の可能性を傑出させた作品、

約110点が陳列されています

驚いたのが、工芸館の所蔵作品であれば、

作品をフラッシュをたかないで、撮影可ということ!!

いや~、撮りまくっちゃいました(笑)

まずは、加守田章二heart04

立方壺(りっぽうこ:1969)

111206kamoda1

111206kamoda2

111206kamoda3

加守田らしい、造形的な意欲作heart04heart04

よくよく見ると、

表面になにやら”文様”が書いて?あります。

大きな壺で、いつも加守田の作品を見る度に、

”よくこういうフォルムが思いつくなー”

”これが、私が生まれた頃に作られたんだなあ”

としみじみ思ってしまいます。

次は、やはり大好きな三輪壽雪heart04heart04

鬼萩窯変割高台茶碗 龍神(1998)heart04heart04heart04

111206kyuusetu

ほんと、いつ見ても、鳥肌が立ちます。はあ~。。。

88歳の時の作品です。。。

御年100歳を超えた方なんですよね…。

で、今回、驚いたのは、

音丸耕堂 

彫漆薺(なずな)文茶入(1959)と、

111206otomaru

彫漆銀連糸茶入(1963)heart04heart04

111206otomaru2

彫漆とは、

色漆を厚く塗り重ねて、

深浅自在に彫り込むことで、

模様を見せる技法なのですが、

まあ、細かく計算しつくされていて、

ため息ばかりでした。。。

あとは、

並木恒延 深閑(2005)も良かったなー。

111206namiki1

111206namiki2

漆と卵殻を使った、いわゆる蒔絵の一種なのですが、

卵の殻の”白”が、本当に雪にピッタリで、

漆の”黒”と相まってまさしく”深閑”でした~heart04

そして、今回の展覧会では、

協賛企画として、

京橋にある工芸館・フィルムセンターで、

工芸技術記録映画の上映をやっています♪

皆さん、見たことないですかね?

作家が制作している所を撮影した記録映画です。

ゆこもりも、じっくり見たことはないのですが、

今回は、これの上映会を出品作家のもので、

やっているんですってっっ!

いやー、これぞ工芸館!!

素晴らしいっっ!!!

金、土、日に入れ替え制でやっているそうですよー。

詳細は、

工芸館・フィルムセンター HP

http://www.momat.go.jp/FC/Cinema2-kogei/kaisetsu.html

是非、歴代人間国宝級の技を見て、

日本のものづくりのすごさを

改めて実感して欲しいですheart04heart04

国立近代美術館工芸館 HP

http://www.momat.go.jp/CG/autumn2011/index.html

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくだされ~~heart04

 

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011 作品紹介その3

今週末、10、11日開廊ですよー♪

1112045

1112046

1112047

1112048

1112049

 

 

さてさて、

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011

作品紹介つづき 食器いろいろですhappy01

ほんと、いろいろあるでしょう?heart04

マグ、カップ、皿いろいろ、土鍋、鉢…happy01

是非、これからの季節のパーティーにいかがでしょう

是非、お越しくださいねー!!

そして、、

松本経済新聞さんに取材して頂きました~heart04

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1048/

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくださいねっっheart04

111206 アルプスの画家 セガンティーニ ―光と山―@損保ジャパン東郷青児美術館

12月27日(火)までですよー♪

 

1112061

”アルプスの真昼”のポスター

 

さてさて、

初めて行ったのですが、

新宿西口の損保ジャパン東郷青児美術館にて開催中の

セガンティーニ展に行ってきました~heart04

33年ぶりとなる回顧展で、

佐川、静岡と巡回してこれで最後となります。

いやー、よかった、癒されました。。。

ゆこもりは、高校まで甲府で過ごして、

山梨県立美術館でミレーを身近に見てきたからか、

やはり、こういう牧歌的な絵はホッとします。

実は、セガンティーニ自体も

ミレーに刺激を受けたみたいで、

”落穂ひろい”をモティーフにした絵を残しています。

今回、一番感動したのは、

セガンティーニ若干21歳、

美術学校卒業直後の作”鐘つき番”でした♪

一瞬だけ、セガンティーニの不遇の少年時代を反映したような

暗い鬱屈とした雰囲気が漂うのですが、

私はどちらかというと、

中心辺りのほのかな”灯り”と鐘をついている人の

厳かな感じとその淡々とした日常が感じられて、

とても静かで、穏やかな気持ちになりました。

以前、ブログで書いた

ラ・トゥール”や”高島野十郎”もそうなのですが、

宗教・精神的要素のある暗い画面構成の絵って

なんだか、落ち着くんですよねheart04

セガンティーニというと、

今展覧会のポスターにもなっている

”アルプスの真昼”が、確かにセガンティーニらしい、

陽が眩しいほどに明るい標高の高いアルプスの光景を

それこそそのまま描いた絵なのですが、

きっと、陰鬱とした少年時代を過ごしたからこそ、

ここまで、”光”をもとめたのかもしれない、と

明るいはずの絵なのに、

勝手にちょっと切なくなってしまいました(苦笑)

セガンティーニは、今回初めて拝見したのですが、

驚いたのは、そのタッチ・マチエール(表面の質感)です!

うまく言えないのですが、まるで木目のようでもあり、

服や毛布、動物の毛並、植物の葉っぱの流れなど、

まるで、そのものの質感を平面で表現しようとしているようで、

彫刻のように表面が盛り上がっています。

ディヴィジョニズム(分割主義・分割描法)という、

色彩を混ぜないで描いていく画法

(スーラなどの点描もそうみたい)なのだそうですが、

なんていうか”くっきり”と鮮やかさが目に染みる感じです。

これこそ、実物を見ないと分からないものですので、

絶対、見に行って欲しい展覧会ですheart04

セガンティーニは、41歳の若さで、

シャフベルク山で制作中に、急性腹膜炎で急死したそう。

以前ご紹介した、犬塚勉さんもそうでしたが、

山を突き詰めていくと、”触れてはいけない何か”に

触れてしまうからなのでしょうか。。。

夭折した画家なのですが、

スイスに建物自体も素敵な

セガンティーニの美術館もあるそうなので、

いつか行ってみたくなりましたheart04heart04

損保ジャパン東郷青児美術館 HP

http://www.sompo-japan.co.jp/museum/exevit/index.html

【補足】自画像について

セガンティーニは、自画像を何点か残しています。

今展覧会でも、4点展示してあります。

象徴主義(反写実主義。愛・生・死・夢などを主題)ということもあり、

自画像なのに、背景に金粉を使っています。

そのうちの2点で、片方は金粉を使っていない感じなのに、

キャプションに”金粉”が明示されていて、

もう片方は、”金粉”が使ってあるようにキンキラなのに、

キャプションに”金粉”が書いてないんです。

学芸員さんに聞いたところ、

前者は、金粉が剥がれてなくなったそうで、

後者は、所蔵先のデータに載っていなかったそう。

確実に金粉使われているのに、抜けているなんて、

海外の美術館って、結構アバウト!?

ミニ情報でした♪

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくださいよ~~っとheart04

 

続きを読む "111206 アルプスの画家 セガンティーニ ―光と山―@損保ジャパン東郷青児美術館" »

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011 作品紹介その2

クリスマスプレゼントの一品を是非♪

1112041

1112042

1112043

1112044

 

 

さてさて、

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011

作品紹介つづき 酒器いろいろですhappy01

最近は、日本酒を嗜む方も少ないのかもしれませんが、

猪口や徳利、御燗にもいい鉄瓶などがありますheart04

ワイングラスや焼酎用のカップもありますよーhappy01

是非、お父様へのプレゼントに、

(勿論、ご自分用にでも!)いかかでしょう♪

是非、お越しくださいねー!!

~12/8 追記しました~

そして、、

松本経済新聞さんに取材して頂きました~heart04

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1048/

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくださ~いねっheart04

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011 作品紹介その1

クリスマスプレゼントの一品を是非♪

1112031

1112032

1112033

 

 

さてさて、本日から、

ゆこもり クリスマスコレクション展 2011

始まりました~~~heart04

早速、作品紹介 灯りいろいろですhappy01

ゆこもりには

ここにしかない”一点もの”がひしめいていますが、

和室という空間のせいか、

灯りを作って来てくださる作家さんが多いです。

この時季になると、

灯りってなんだかいいですよねーheart04

是非、プレゼントに、(勿論、ご自分用にでも!)

いかかでしょう♪

是非、見に来てくださいねー!!

~12/8 追記しました~

そして、、

松本経済新聞さんに取材して頂きました~heart04

http://matsumoto.keizai.biz/headline/1048/

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくださ~いなっheart04

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター