« ゆこもりコレクション展2011 作品紹介 その4 | トップページ | 111118 高山登 退任記念展 「枕木―白い闇×黒い闇」@藝大美術館 »

111118 表現する葦 吉田哲也・若林砂絵子展@多摩美術大学美術館

二人にもっと時間があったなら。。。

 

 

111118

さてさて、

初めて行ったのですが、

多摩美の美術館にて開催中の展覧会に行ってきました~heart04

てっきり、多摩美の学内にあると早合点して行ってみたら、

何故か、美術館だけが、ポツンとありました。

所要があり、

ちょっと気になって行ってみたのが、

本当のところだったのですが、

いやー、行って良かった、、、。

吉田哲也さんと、若林砂絵子さんの

二人展なのですが、

吉田さんは40歳、若林さんは35歳で、

ここ数年で夭折した作家さん。

一階の展示の若林さんは、

若林奮さんの娘さんというサラブレッド。

「空間内の有機的考察」という姿勢で、

線をひたすら重ねた版画や

オレンジを原型にして、昆虫の卵が連なったような

樹脂・グラスファイバーの作品などなど。

増殖することによって、

自分のテリトリーを広げるといった感じ?

すごい試行錯誤している生々しさがありました。

そして、二階の展示の吉田哲也さん。

これが、よかった~heart04

もの派っていうんですかねー。

ゆこもりは、あまりそういうの好きじゃないんですが(苦笑)、

でも、やはりいいものはいい(爆)

見に行った時は、まだだれもいない展示室に

針金やブリキ、石膏の小片単体の素材で、

最小限の加工をした”断片”が白い台にポツンと置いてあるか、

もしくは、壁に一定間隔で、釘で固定されている。。。

とても静謐で、ストイック。

静かだけど、凛として、ときとして雄弁。。。

これも美術品?って感じに思えるけど、

まあ”もの派”の影響もあるんでしょう、それがもの派。

やったもの勝ち♪

ただ、”なんじゃそりゃ!!”とは思わなかったなー。

よく見ると、絶妙なんですよ、手の掛け方が。

1~2cmだけ端を90°に折り曲げた作品があったのですが、

なぜか端の折り曲げたところが、

ちゃんと立っているんです。

なんというか、茶杓をおいているような感じ。

あとで、係りの人に聞いたら、

接着したりせずに、ただ置いてあるのみで、

吉田さんが計算して、成形しているとのこと。

特に、手が混んでいるようには見えなかったのですが、

そういうこだわりが”凛”といた雰囲気を

漂わせているのでしょうか。

たらればですけど、

お二人が今も生きて、制作していたならば、

どういう風になられているのでしょう。。。

私は、制作の一途さ、ストイックさを

まざまざと見た感じがしたので、

この先が見たかった。。。

特に、若林さんは、これから!

という感じがしたので残念。。。

やはり見た人で、

詳しく書いている方がいらっしゃったので、参考まで。

http://d.hatena.ne.jp/mmpolo/20111103

こういうシンプルな作品が好きな人

最近多いんじゃないかなー♪

近くにサンリオピューロランドとかがあって、

ショッピングモールとしては賑わっているところではありますが、

食指が伸びるような文化施設は

見当たらないところですけどよかったら。

12/4までです。

多摩美術大学美術館 HP

http://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/default.htm

【12/17 追記しました】

後日、今回の展覧会について

面白いことを書かれているブログを発見♪

美術家 大村益三さんのブログ

http://d.hatena.ne.jp/murrari/20111213

どこに”価値”を見出すのか。。。

それが問題です。。。

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと、押してくだされ~~~heart04

 

111118 自分のための備忘録

 

 

秋は、まだまだまだ作家さんが活動的ー。

久々に日野バス停で降りる。

本日も、ここらから高井戸辺りは渋滞中らしいので、

早く降りるに限る。

深大寺辺りでも降ろしてくれたらいいのに、ね。

まずは、

表現する葦 吉田哲也・若林砂絵子展@多摩美術大学美術館

金子博子展@studio Stick(神奈川・鶴川)

すごい面白い展覧会heart04

金子さんの世界をこうやって拡げるとは、

やっぱり作家さんのギャラリーだなー。

やられた~~~。。。勉強勉強!!

中田ナオトさん、柴田菜月さんの作品も久々に見た。

チェック:小野崎映(張り子)、成田聡子(ガラスと木工)

渋谷・神泉へ

1)さかぎしよしおう展@ギャラリエアンドウ

2年ぶりに見た。

黄色と緑に彩色されていた!

しかも、レンガ積みにしていて、

中庭のように、中を開ける進化がっ!

2)ナスマサタカ展@いろどりや

前回同様、迷う。。

今回は、神泉駅からだからしかたないか…。

オーナーの飛永さんから、

いろいろ為になるお話が聞けた。ありがたい。。。

ナスさんの作品も独特の世界で、可愛いheart04んだけど、

しっかりとした”何か”を感じさせる。

いろどりやさんは、

クラフトを扱うところから、

紆余曲折を経て、現在のスタイルになったとのこと。

さあどうする。。。 。。。。。。。 。。。。。。。。。

扇田克也展@カラニス(表参道)

扇田さんの最新作が見られて、ラッキーheart04

とうとう、ガラスでなく、土ものになった~~~。

カラニスさんは、”扇田さんは造形作家だから”

とおっしゃったけど、ガラスのカラニスさんで、

テラッコッタを出すなんて、さすが扇田さん♪

やっぱり、好きだわー。

上野へ

1)高山登 退任記念展@藝大美術館

ほんと、よく枕木だけでずっと。。。

2)うるしのかたち展@藝大アートプラザ

売り物の器、オブジェだけだと、

気になる学生は見受けられず。

卒業制作では、どうなるのか。

小椋範彦先生の蒔絵パネルは、素晴らしかった♪

3)土屋信子展@SCAI THE BATHHOUSE(上野)

こういうのは、ほんとわからない。

金属、毛糸?、樹脂?、ありとあらゆる素材をぶち込んでいる。

ベネチアビエンナーレに当時ほぼ新人で、抜擢されてるんだよね~。

初日で、しかも夕方行ったので、

ちょうど、作家さんが来たところだった。

(今日はなんだか丸ノ内線も銀座線も空調が効いていなくて暑い。

セーターを脱いだら、大切にしていたアクセサリーを落として

壊してしまった~~~crying

噂で聞いただけだけど、もう作家活動をしていないというので、

もう手に入らないか、、、残念weep

プリュス・ジ・アートフェア@東美アートフォーラム(東京美術倶楽部)

新橋の端、ほぼ御成門・芝。

またまた、迷う。ほんと、銀座、新橋嫌だ~~~。

すっごい敷居の高い建物。

一見さんお断り的な。

(実際、18日は招待客のみだったしねー)

ギャラリー点さんに招待状を頂けて、行けた。

やはり、ほぼ平面。

銀座黒田陶苑さんと中長小西さんのみ陶器専門。

1)黒田陶苑さんで、

やっと、、、念願の伊藤秀人さんに会う!!!heart04heart04heart04

10年以上越しだわー。

熱く語りすぎて、ちょっと引かれてたかも(苦笑)

2)ギャラリー点(金沢)さんは、小曽川瑠那さん押し。

さらに、素晴らしくなっていた。ため息。。。

ああいう作品、やりたいわー。

点さんは、ベルギーでも出品するそうで、

力入っている!!すごいっ!!

今アートフェアは、大都市圏以外で、

地方ではもう一店くらいだった。

中村卓夫夫妻とも偶然お会いしてびっくり。

しっかり、平面作家と二人押ししているので、

見応えもあるし、平面と工芸素材作品の合わせ技は、唯一だったかな。

平面と木彫とか、数名の中での工芸素材のはあったけども。

3)松永賢@万画廊(名古屋)

先日、ULTRA04でお世話になった万画廊さん。

今回は、平面の作家おひとりで見参。

どこかで見たことあるなー。

貞子チックな、忘れない静かな不気味さ。

4)土屋裕介@キドプレス(清澄)

テラコッタの彫塑の近くに、似ている人が。

きっと作家さんさんだろうな。

5)牧田草平@gallery坂巻

少年の独特な樟の木彫。

6)川田英二@アイン ソフ デスパッチ(名古屋)

どこかで見たことがある。。

緑モチーフの平面をキューブに仕立てて見せる。

7)石黒賢一郎@gallery Suchi(日本橋)

実物大??のマジンガーZの

”ロケットパンチ部分”(FRP)が横たわっていた(爆)

どうしても作りたかったそう(ギャラリー談)で、

いつもの作風とは関係ないそう(苦笑)

余程、作りたかったんだなー。

8)樋口健彦@ギャラリー川船(京橋)

炭化したように黒い、

握りこぶし大の立方体の陶彫。

本当に炭化している作家さんの作品よりは、

しっかりしている感じは、やはり素材の差か。

9)彩鳳堂画廊

諏訪敦さんの大野作品があった!

やはり迫力がある。

ここは、写実描写がメインなのか。

水野暁さんもよかった。

実は、中之条ビエンナーレの大道公民館で見ていた。

あの時のリンゴの作品は、あまり魅かれなかったけど、

作風がいろいろなのかな。

あと有元利夫もあったが、数千万だった!!!

10)清水遼太郎@レントゲンヴェルデ(馬喰町)

ルアーを工芸品として作っている作家さん。

面白いわー。漆って書いてあったような。。。

以上、90分でお話ししながらだったので、

しっかり見れなかった。。。

こういうところに出店するのが、”THE 画廊”だな。

こういう丁寧さ・エスプリさを備えつつ、

いろどりやさんみたいに

臨機応変に、軽やかに出来ないかな~。

う~む。超難題。

帰り道で、おいしいとんかつ屋さん発見heart04

かつ蔵(くら)”さん(新橋)

埼玉加須産のSPF豚は、油がおいしかったheart04heart04

ご主人が、小さい頃、諏訪にいたそうで、

長野ばなしで盛り上がる。

今回は、バスを最終便の21:40発にしたので、

夕食を食べる余裕があった。

それにしても、金曜の松本便は混むなー。

 

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチっと~~heart04

 

« ゆこもりコレクション展2011 作品紹介 その4 | トップページ | 111118 高山登 退任記念展 「枕木―白い闇×黒い闇」@藝大美術館 »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/43068146

この記事へのトラックバック一覧です: 111118 表現する葦 吉田哲也・若林砂絵子展@多摩美術大学美術館:

« ゆこもりコレクション展2011 作品紹介 その4 | トップページ | 111118 高山登 退任記念展 「枕木―白い闇×黒い闇」@藝大美術館 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター