« 境内アート小布施×苗市 2011 | トップページ | 新實広記 ・ 畑中 篤展in新世紀工芸館(愛知・瀬戸) »

2011年4月20日(水)19:00~ 松本都市デザインワークショップ③

あっという間の二時間のディスカッションでした

                                        

以前、まち歩きのワークショップについて、

ご紹介しましたが、

その勉強会の続きです。

既に、12/19、1/15と

学習会を開催されていて、

今回で一応、まとめの会でした。

毎回、建築家の方や市役所の方、

リタイヤされた方、などなど、

様々、多種多様な方がいらっしゃいました。

皆さん、立場には違いこそあれ、

どの方も、現状追随の街の開発に何かしら、

”違和感”みたいなものをお持ちのようで、

確認したわけではないのですが、

全国一律のどこにでもある”画一的風景”は、

どうにかしたい。。。と、

学習会で意見交換している気がしました。

でも、、、

実際に再開発をするのは、

地権者であるカタクラなんですよね~。

だとすると、カタクラが、

”いいね~、おいしいね~!”

と納得するようなものでないと、

机上の空論になるのでは、とも残念ながらも思います。

信毎の3/4の記事では、

カタクラに取材して、イオンを核として、

カフラスや生物科学研究所は、取り壊すそうです。

あの”かっこいい、二度と同じものは作れないであろう”

建物は、取り壊しだそうです。

でも、これだって、

”あんな古臭い建物なんて、

新しくしちゃえばいいじゃん!!”という、

考え方だって、あるでしょう。

どこに価値を置くか、価値基準の違いなんですよね。

ゆこもりを始めるときですら、

建物を残すか、潰して新しいものを建てるかで、

親父と意見の相違があったくらいですから(苦笑)、

何が”いいか”。。。難しい。。。

ただ、やっぱり、松本らしいもの、

二度と作れないようなものに、

ゆこもりは、価値を見出しちゃうんですよねー。

なんだろう。。。

新しく出来るものが、

それ以上のものなら、大歓迎ですけど、

どう考えたって、そんなもの作ってくれそうに、

思えませんもの(爆)

だって、なるべくコストをかけないようにしないと、

儲からないから、ね。

儲けるには、なるべく画一化して、

時間をかけずに、早く営業再開に持ち込まないと、うんheart04

そして、なるべく敷地いっぱいの建物を作って、

沢山の全国区の人気テナントを集めて、

一極集中させないと、ね。

はあ~、、、

皆さんは、どんな再開発をしてもらいたいですか?

松本都市デザイン研究会 HP

http://matsumoto-design.net/

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

どうぞどうぞ、ポチッとお願いします!!

                                        

« 境内アート小布施×苗市 2011 | トップページ | 新實広記 ・ 畑中 篤展in新世紀工芸館(愛知・瀬戸) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/39690736

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年4月20日(水)19:00~ 松本都市デザインワークショップ③:

« 境内アート小布施×苗市 2011 | トップページ | 新實広記 ・ 畑中 篤展in新世紀工芸館(愛知・瀬戸) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター