« 田中一光(たなかかずみつ)陶展3 作品紹介 その1 | トップページ | 田中一光(たなかかずみつ)陶展3 作品紹介 その2 »

北斎漫画と冨嶽三十六景展 in 富山県水墨美術館

いまさらながら、、、

                                        

5

6

7

                                        

葛飾北斎の

富嶽三十六景と北斎漫画を

まじまじと見ました。

北斎生誕250年ということで、

葛飾北斎美術館と

明治以降、版木を所有する芸艸堂(うんそうどう)の所蔵品と

原安三郎【富嶽三十六景】コレクション(富山だけ?)を

全国4ヶ所で巡回する展覧会です。

それにしても、本当にすごいです。。。

まず、富嶽三十六景、全46枚を

全部見れたのですが、

これは、どうやら、

水墨画美術館単体の企画のようで、

ラッキー♪

富嶽三十六景は、

むか~し、永谷園のお茶づけに、

名刺サイズのカードが付いていたような気が。

赤富士が印象的な”凱風快晴”や

波の迫力が素晴らしい”神奈川沖波裏”は、

やはりすごい強烈でした。

他にも、富士山と雲と川と街道の構成が秀逸な”武州玉川”

樽や材木が印象的な”尾州不二見原””遠江山中”

水の描写が面白い”隠田の水車””東海道金谷ノ不二”など、

どれも、何度も見直したい作品群でした。

登山を描いている”諸人登山”を除いては、

どれも必ず富士山を書き入れているのですが、

どうもこれは、富士山を描くと言うよりも、

名所や名産などを巧みに取り入れた”絵葉書”だと思いました。

本当に浮世絵は門外漢なのですが、

改めて、すごいと言われているものは、

見ないとダメですよね。

北斎漫画は、

本当!!にいろんなものを描いているんです。

人でも、やせている人、太っている人、足の長い人など

体型の違いのくくりから、

職業別、いろんな遊んでるところ、

果ては、無礼講のバリエーション、

源頼朝や小野小町などの偉人、

人以外でも、

草木や虫、動物などの花鳥風月、

寺院などの建物、鉄砲などの道具、

お不動さんや毘沙門天などの仏様などなど。

いや~、描けないものはない!

と言いたげな仕事の数々。

実際、その道のプロにも重宝されていたそうですから、

筋金入りですよね。

本当に、独りの仕事なんだろうか。

九十歳で亡くなるまで、

93回の引越しをしたということで、

きっといろんなことに興味があったんだろうな~。

描く、ということは、

その対象に着目しないと、出来ないですもんね。

11/3まで。そのあと、郡山に巡回して終わりです。

富山県水墨美術館 HP

http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/exh_1005.htm

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

読んだらすぐにポチッと、クリックです!

                                        

« 田中一光(たなかかずみつ)陶展3 作品紹介 その1 | トップページ | 田中一光(たなかかずみつ)陶展3 作品紹介 その2 »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/37094638

この記事へのトラックバック一覧です: 北斎漫画と冨嶽三十六景展 in 富山県水墨美術館:

« 田中一光(たなかかずみつ)陶展3 作品紹介 その1 | トップページ | 田中一光(たなかかずみつ)陶展3 作品紹介 その2 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター