« ヤン・ファーブル×舟越桂 in 21C美術館(金沢) | トップページ | ルーシー・リー展in国立新美術館(六本木) »

長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その9

15、16日開廊ですよー

310

                                        

さてさて、

まだまだ続く作品紹介です。

先日、引きの写真でお見せした

311

松浦さんのお皿大集合ですが、

ちょっと触れたように、

一つずつ違う絵が描かれています。

今回は、果物や野菜が描かれていて、

淡い色合いとあいまって、

312

とてもキュートなんです!!

写真では、

なかなか雰囲気が伝わりづらいので、

つらいものがありますが、

何が描いてあるか皆さんわかりますか?

是非、実際に見に来てくださいね~。

(小さい写真は、クリックすると、

別ウィンドウで拡大しますよー)

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

励ましの一押し、よろしくお願いしますhappy02

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

琳派・若冲と雅の世界in水墨美術館(富山)

                                        

明日まで、開催中の展覧会です。

京都・細見美術館からのものですが、

さすが若冲、すごい人だかりでした。

でも、今回は、神坂雪佳(かみさか せっか)

がとても良かったです。

琳派は、毎回、新たな発見をするのですが、

こんな人がいたのか~、とまた思いました。

多分、なかなか見られない

画家ではないでしょうか。

明治の方で、光琳の再来とまで、

言われたそうです。

以前も、書きましたが、

琳派のすごいところは、

先人たちの作風に感化されて、

ほぼ百年ごとに、受け継ぐ人が出てきて、

継承されていったところ。

以前の琳派に関するブログ”

http://yukomori.cocolog-nifty.com/yukomori/2008/11/post-1dfa.html

http://yukomori.cocolog-nifty.com/yukomori/2009/06/index.html

この神坂雪佳もそうです。

まだまだ、見ていない人がいそうです。

”富山県水墨美術館”

http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/exh_1001.htm

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

励ましの一押し、よろしくお願いしますhappy02

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

« ヤン・ファーブル×舟越桂 in 21C美術館(金沢) | トップページ | ルーシー・リー展in国立新美術館(六本木) »

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

ゆこもりの企画展について」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

今回の陶展 いいですね すごく 行きたいです。。

安永さま
ご無沙汰しています!
いいでしょ~(笑)
安永さんに見て欲しかった~(≧m≦)
実物は、もっといいんです。
また、いつかおいでください(◎´∀`)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/34645068

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その9:

« ヤン・ファーブル×舟越桂 in 21C美術館(金沢) | トップページ | ルーシー・リー展in国立新美術館(六本木) »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター