« 長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その8 | トップページ | 長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その9 »

ヤン・ファーブル×舟越桂 in 21C美術館(金沢)

8/31まで開催中です!!(ネタバレあり)

                                        

さあ、行きましょう皆さん!

桂さんの展覧会が、

続いていますが、

西村画廊(銀座)から、

あっという間に21C美術館です。

今回は、ヤン・ファーブルという

私は、初耳の作家さんとの二人展です。

結論から言うと、、、

やっぱりいつ見ても、

桂さんはいいですっ!!

前も、触れたかもしれませんが、

私には、ドンピシャなんです。

何故なんだろうと、

いつも思いながら、見るのですが、

やっぱり、内省的だからかもしれません。

見ていると、そのときの心情が

跳ね返ってくる気がするのです、、。

場所的には、

さすがの21C美術館でも、

庭園美術館には、敵わない気がしました。

それくらい、庭園美術館と桂さんは、

相性が良かったのです。

以前のブログ参照

http://yukomori.cocolog-nifty.com/yukomori/2008/08/post_cd1c.html

だから、改めて、

庭園美術館の学芸員さん、ありがとう!!

今でも、私のベスト3に入る展覧会でした。

とはいえ、それと比べたら可愛そう。

ヤンさんとの展覧会は、

とても挑戦的だと思いました。

が、私には、何故この二人なのかが、

わからないので、消化不良中、、、。

でもでも、桂さんと河鍋暁斎を並べるなど、

なにかを投げかけたい意図は、

とても感じました。

あとは、それを受け手がどう思うか、感じるか。

私は、七年前の東京都現代美術館での

大規模な個展を見ているので、

同じことをやっても、、、と思うので、

こういう切り口もありかと思いました。

ただ、個人的には、

どうしても、頭でっかちというか、

企画側からの、”どう?どう?”

というような、プレッシャーを感じてしまいましたけど。

あと、すごいゴージャスな展示をしていて、

room11では、庭園美術館や西村画廊で、

一体でメインを飾ったような彫刻が、

ワンサカといっぺんに十二体陳列されていました。

圧巻でした~。

こういうことは、21Cの広さならではですね。

皆さんは、是非、さあっ~と見ないで、

一体一体じっくり見て下さいね。

”金沢21C美術館”

http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチッと一押し、よろしくお願いしますhappy02

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

作品詳細について

                                        

さて、備忘録的なところも、ありますが。

今回は、まず

”青い遺跡”が印象的でした。

なんていうか、

まさに今の私、、、。

呆気にとられて、自失呆然に見えました。

あと、”肩に残る声”

両者とも、少し口が開いていて、

思索に耽っていると言うか、

呆然としているというか。

”森に浮くスフィンクス”は

やはり庭園美術館での展示が秀逸で、

二年ぶりの再会でした。

ほんと、あのときは、衝撃的でした。

ず~っと、見入ってたもの。

初めてが、この展覧会だったら、

この作品をそこまで素晴らしく見れただろうか、、。

やっぱり、凡人だな、、、どこにあろうが、ブレずに

その作品が見られるようになりたいものです。

今回、ヤン・ファーブルには

触れませんでしたが、私には理解出来なかったから。

ほんと、どこに、桂さんとやる意味があるんだろう、、、。

この展覧会の難しいところは、

桂さんとヤンさんの対比だけでなく、さらに

それぞれを、昔の作品(桂さんだと暁斎など)と、

対比させているところ。

単純に、それぞれの作家を

静かに見させてくれないのか。

いろいろと、仕掛けないといけないのも

分からないではないので、

最近の展覧会の難しいところでもあります。

今思えば、

自分の好きなものを並べた?

杉本博司さんの展覧会の方が、

作家自らのチョイスということでは、

分かりやすかったかも。

下記参照

http://yukomori.cocolog-nifty.com/yukomori/2009/01/in-21c-7984.html

異分子というのは、

化学反応することもあれば、

不協和音でしかないこともある、

のではないでしょうか。

まだ、私の見方が、浅はかなのか、、、。

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

ポチッと一押し、よろしくお願いしますhappy02

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

« 長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その8 | トップページ | 長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その9 »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/34664217

この記事へのトラックバック一覧です: ヤン・ファーブル×舟越桂 in 21C美術館(金沢):

« 長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その8 | トップページ | 長谷川・松浦 陶展2 作品紹介その9 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター