« デコ美卒展in松本市美術館 | トップページ | ゆこもり2010年4~5月の企画展は、、、 »

吉左衛門X インドネシアン・プリミティブアートin佐川美術館

3/14までです!88

                                        

さて、当ブログでは、

89_2

おなじみの樂吉左衛門(当代)さんの

展覧会です。

以前も、紹介しましたが、(下記ブログ参照)

http://yukomori.cocolog-nifty.com/yukomori/2008/02/post_e574.html

このX(エックス?かける?)という企画は、

90

当代が刺激を受けた"何か”との

コラボレーション。

第一回は、

インドネシアのプリミティブ・アートとの展示です。

プリミティブ・アートというのを初めて見たのですが、

かなり時間の経っている物がほとんどだったので、

かなり朽ちていて、独特の存在感で圧倒されました。

それにしても、いつも思うのは、

どういうものに感化されるか、ということ。

岡本太郎が、縄文土器にインスパイアされたように、

やはり、原初なものには、

人を揺さぶる”何か”があります。

あんなに素晴らしい作品を作り出す当代が、

一体何に影響を受けたのか、、、。

今後も、吉左衛門Xは、

要チェックです!!

”佐川美術館”

http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/cgi-bin/index.cgi

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

癒されますので、気軽にポチッとクリックお願いします!

                                        

何に感じ入るのか

                                        

さて、先程は、

吉左衛門さんの展覧会をご紹介した訳ですが、

いつも思うのは、

自分が、すごいな~、とか

面白いな~、と思う対象についてです。

逆に、訳わっかんないわ~、と言うものでもいいのですが、

要は、”揺さぶられる何か”について。

当たり前ですけれども、

私たちは、日々、”選択”をしている訳です。

ギャラリーみたいなことをしていると、

特に、そう思います。

この作家さんには、”面白い!”って思うのに、

そっちの作家さんは、目に入らない。

でも、目に入らなかった作家さんでも、

違う場でみると、面白くなったりする。

ほんと、不思議です。

ある意味、当たり前なんですけど。

ただ、なんていうのかな~、

パッと見て、”これだっ!”と思ったものは、

自分のなかで間違いがない、というか

ずっと、面白いと思える気がします。

見る側の体調というか、

そのときのモードも関係してくるので、

なるべくニュートラルにしておかないといけませんけど。

あと、先日、ある作品に出会ったんですけど、

その時、すごいコーネル(下記ブログ参照)

http://yukomori.cocolog-nifty.com/yukomori/2008/09/post-f6dc.html

の世界観を持った作品だな~、と思ったんですね。

そうしたら、その作品を制作した作家さんとお話したら、

やっぱり、大好きだということで、とても納得でした。

まあ、今回は、かなり分かりやすい事例ではあったんですけども、

どの作品にもそういうものは内包されている、ということを

改めて感じた作品でした。

そういう趣味嗜好とか、環境とか、

いろんなものの共通項に対する”シンパシー”が、

出会うための重要な一要素だと、つくづく思います。

ということは、出会うためには、

そういういろいろな要素を自分の中に

取り込んでおかないといけない、ということで、

日々、研鑽ですねー。

好奇心、好奇心っと。

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

癒されますので、気軽にポチッとクリックお願いします!

« デコ美卒展in松本市美術館 | トップページ | ゆこもり2010年4~5月の企画展は、、、 »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/33586958

この記事へのトラックバック一覧です: 吉左衛門X インドネシアン・プリミティブアートin佐川美術館:

« デコ美卒展in松本市美術館 | トップページ | ゆこもり2010年4~5月の企画展は、、、 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター