« ゆこもりが”惚れる”作家とは、、、 | トップページ | 松橋かおり 陶展 作品紹介 その4 »

さらに、ゆこもりでやってもらう作家さんは、、、

なかなか大変です、、、Web

                                        

前回の続きになりますが、

では、さらに発展して、ゆこもりで、

単独の企画展をお願いする作家さんは?

というと、、、

まず第一に、会場が十畳二間という、

かなり広いスペースですので、

数(種類もいろいろ)を作れて、

大きいものも、ある程度作れないと難しいです。

でもこれは、空間的な制限ということだけのこと。

理想は、

ゆこもりの和室の展示スペースや

付随する庭、池、社、歴史などを考慮して、

ゆこもりの空間に負けない、

出来れば、それを凌駕するような

展示をしてもらうこと。

ただ、これが大変なんです。

でも、チャレンジし甲斐があるので、

皆さん、果敢に挑戦してくれています。

お願いしている作家さんたちは、

展覧会を続けていくことで、

きっと、ゆこもりという空間を最大限、

活用してくれるであろうと期待していますし、

そういう作家さんだと思って、

オファーしています。

ただ、会場が広いというのは、

小さなものを中心に制作している作家さんには、

なかなかつらいものがあるのも、事実です。

なので、小さな世界を大切にしている作家さんにも、

是非、ゆこもりの空間を体感してもらいたいので、

来年から、新しいことを、始めたいと思っています。

詳細は、追々お知らせしていきますので、

乞うご期待です!!

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ 

    ↑

癒されますので、気軽にポチッとクリックお願いします!

やっぱり井上陽水はいいですね~

                                        

先ほどまで、

NHKのsongsで、井上陽水が歌っていました。

大学時代に、

夜な夜なドライブしながら、

よく聴いていました。

陽水は、夜がよく似合うんですよね~。

歌詞も、よく分からないけど、

何か深いことを言っているようで(笑)

とても好きです。

本人の飄々としているところも大好きです。

ユーモラスでありながら、

どこか翳がある、、、。

変な言い方かもしれませんが、

とても人間らしくて好きです。

”氷の世界”や”帰れない二人”は、

是非一度、聴いてみて下さい。

陽水の多様性に触れられると思います。

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

癒されますので、気軽にポチッとクリックお願いします!

« ゆこもりが”惚れる”作家とは、、、 | トップページ | 松橋かおり 陶展 作品紹介 その4 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/32364250

この記事へのトラックバック一覧です: さらに、ゆこもりでやってもらう作家さんは、、、:

« ゆこもりが”惚れる”作家とは、、、 | トップページ | 松橋かおり 陶展 作品紹介 その4 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター