« kinoworkshop展Ⅱ ワークショップやりました! | トップページ | ワークショップを今週日曜日も特別にやりますっ! »

越後妻有トリエンナーレ2009雑感 その2

ネタバレあり、見てない方は後で!

                                        

さて、妻有トリエンナーレの続きです。99

まずは、先回ご紹介した”こころの花”

ライトアップを見ました!

キレイでしたよ~。

                                        

その4 山崎龍一 "culture bound syndrome"10

以前から、大好きな作家さんです。

あっ!という間に手の届かない

作家さんになってしまいました、、(グスン)11

空間は、以前小学校だった所で、

教室ごとに作家さんが展示しています。

そんな中、山崎さんは一味違います。

写真のように、作品が

ひょっこりと顔を出しているのです。12

多分、かなりの方が、

見逃しているんじゃないでしょうか?

既に見た方で、このブログを見て、

悔しい思いをする方もいらっしゃるかも!?

かく言う私も、1回目は見事にスルー(笑)

2回目も他の方が気付いて、

初めてわかった次第です。

                                        

その5 福屋粧子 ”森のひとかけら”13

ブナ林の中に、

沢山の白いブランコを設置しています。

乗るとまるで、ハイジ気分!14

「ペーター!!」と叫んでしまいそうです。

辿り着くまで、10分以上歩くのですが、

その価値アリです。

普段なら、行かないかもしれない所に、

こうしてアートを置くことによって、

その場所の良さを再発見するという、

アートの力の王道的使い方ですね。

                                        

その6 松澤有子 ”enishi"15

膨大な作業量により、

作品が成り立っています。

気が遠くなりそうです。16

それを支えたのは、集落をはじめとする

地域の皆さん。

特に、おばあちゃん達が、

朝から晩まで、ひたすら作業を手伝ったそうです。

お手伝いをしたおばあちゃんにお会いして、

お話したのですが、

本当にキラキラしていました!

これこそ、アートの力!!

素晴らしいですね。

                                        

その7 クリスチャン・ボルタンスキー ”最後の教室”17

2006の時に、出来た作品で、

当時、当ブログでも紹介した、

その後も、存続していて、

3年後見ても、やっぱり面白かったです。

外人さんは、こういうのを

やり慣れているな~、と

つくづく思います。

                                        

いずれも、アートの力を

改めて感じさせてくれる

力強いものばかりでした。

私も、頑張らねば!と

改めて決意させてもらいました。

3年後も、あるといいな、、、。

                                        

にほんブログ村 美術ブログへ

    

癒されますので、気軽にポチッとクリックお願いします。

« kinoworkshop展Ⅱ ワークショップやりました! | トップページ | ワークショップを今週日曜日も特別にやりますっ! »

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/31304589

この記事へのトラックバック一覧です: 越後妻有トリエンナーレ2009雑感 その2:

« kinoworkshop展Ⅱ ワークショップやりました! | トップページ | ワークショップを今週日曜日も特別にやりますっ! »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター