« 初芝刈り | トップページ | 削るものたち 作品紹介 その4 »

舟越桂さん曰く、、

リアリティとリアリズム

                                        

先日、ご紹介した

ロン・ミュエック展の図録に

舟越桂さんの対談が載っていました。

以下、抜粋。

”リアリズムというのは、

ただ見える部分を大事に作っていくということですね。

リアリティは、自分自身とのつながりです。

リアリズムはいつも必要とされるものではないけれど、

作家には、ものを作るリアリティがなければならないと思いますね。

作品と自分とのつながりでしょうね。”

                                        

ゆこもりが、ずっと言っている”原風景”=リアリティだと思いました。

今回の企画展”削るものたち”もそうです。

なんだかわからないけど、皆さん削りたいんです。

そういう私も、なんでかわからないけど、

塊や塊を刳り貫いたもの、削ったものに

魅かれてしまうんです。

こればっかりは、しょうがありません。

ただ、そういったわけがわからないけど

無性に魅かれる物に間違いはないと思います。

7/19から、東京都庭園美術館にて、

舟越桂さんの個展があります。

庭園美術館に桂さんの作品が合わないわけがない!

申し訳ないですが、以前やった現代美術館より断然いいと思います。

是非、観たいです!

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/funakosi/index.html

                                        

                                        

« 初芝刈り | トップページ | 削るものたち 作品紹介 その4 »

その他の企画展情報」カテゴリの記事

ゆこもりのお勧め」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93576/22289207

この記事へのトラックバック一覧です: 舟越桂さん曰く、、:

« 初芝刈り | トップページ | 削るものたち 作品紹介 その4 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター