« 個展 ~2日目~ | トップページ | 個展 ~3日目~ »

~ゆこもりについて~ 地図

New

~手仕事扱い処 ゆこもり~

〒390-0303 長野県松本市浅間温泉3-11-4

(ナビだと、違う所が表示されやすいのでご注意を!)

TEL 0263-46-2066

最新の営業日は、当ブログにてご確認くださいsign03

例年、1~3月中旬は、冬季休業しています。

基本的には、企画展開催時のみ開廊(木、金曜休み)。

(企画展は月替わりで、月初の土曜日始まり、最終日曜日終わり)

営業時間 10:00~18:00

車:上信越道 松本I.C.より30分。

P3台 

バス:松本駅前バスターミナル

信大経由浅間温泉行き 湯坂バス停下車約5分

不動の滝・東泉部薬師堂・西宮恵比寿の前です。

旅館 山映閣さんを目指して来て下さい。

分かりづらいので、お気軽にお電話くださいhappy01shineshine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店のコンセプトについて(2010/10/1追記)

ゆこもりは、先祖代々の土地と建物にて、

2004年4月、

企画展を開催するギャラリーとして、始まりました。

この場所がなければ、ゆこもりは存在しなかったと言えます。

この場所は、元々、せんきの湯という温泉施設でした。

(今は、諸事情により、休館中です)

そして、敷地には、けやきの大木(樹齢200年以上とも)があります。

その所以から、”ゆこもり”とは、

湯守り(ゆもり:湯を守る人の意)

+木守り(こもり:きもりとも言う、きこりなど、木を守る人の意)

からなる造語です。

さらに、作家の手しごとを扱いたいことから、

”手仕事扱い処”を枕詞に、

”手仕事扱い処 ゆこもり”としました。

当店では、全国から選りすぐった、

その人自身でしか成し得ない仕事をしている作家に

こちらからお願いして展覧会をしています。

話は少し逸れますが、

ルーシー・リーとハンス・コパー共同展カタログ序文に

”うつわとは、入れ物である。

容器は、~略~ 

入れ物でなければならないのである。

うつわとは、オブジェである。

したがってそれは、

本来の資質で何かをも示すことができ、

それ自身が美を語ることが可能である。”

とあります。

今、クラフトが全盛と言われます。

一方で、クラフトとは何ぞや?という命題に囚われたりもします。

そんな現代で、試行錯誤を続けながらも

自分に真摯に向き合い、

そして何より、作ることに生き甲斐を感じて、

キラリと光る作品を紡ぎ出す作家たちを

少しでも皆様に紹介できたら、と願っています。

長々、お読み頂き、ありがとうございました。

どうぞ、よろしく御願い致します。

 

« 個展 ~2日目~ | トップページ | 個展 ~3日目~ »

ゆこもりへのアクセス」カテゴリの記事

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

facebook

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • 芸力
  • 個展なび
  • チルチンびと広場
  • ナガノナビネット

カウンター